【今日の注目ポイント】東京で安田記念TR・京王杯スプリングC、中京では京都ハイジャンプ

【今日の注目ポイント】東京で安田記念TR・京王杯スプリングC、中京では京都ハイジャンプ

  • netkeiba.com
  • 更新日:2022/05/15
No image

京王杯スプリングCに出走予定のメイケイエール(ユーザー提供:Taikiさん)

5/14(土)は東京・中京・新潟の3場開催。13日正午の馬場発表は東京と中京が芝・ダート共に稍重、新潟が芝・ダート共に良。14日の天気は東京と中京が雨のち晴れ、新潟が雨のち曇りの予報となっている。

■安田記念TR・京王杯スプリングC
東京11Rは芝1400mの京王杯スプリングC(GII)。1着馬に安田記念の優先出走権が与えられるトライアルレース。GIでも上位争いをしている重賞4勝馬メイケイエールをはじめ、京都牝馬Sで2着のスカイグルーヴ、昨年の覇者ラウダシオンなどが出走する。

■中京8Rは京都ハイJはタガノエスプレッソが中心
中京8Rは京都ハイジャンプ(JGII)。出走馬で唯一重賞勝ちがあるタガノエスプレッソが人気の中心となりそう。石神深一騎手との初コンビで1年半ぶりの白星なるか。他には、祖母エアグルーヴの良血ポルトラーノ、連続2着のセデックカズマなど。

■少頭数の都大路S
中京11Rは芝2000mの都大路S(L)。昨年4連勝があったアラタが休み明け2走目で巻き返しを狙うほか、これまで中京で3勝しているソフトフルート、長期休養明けの中山記念で4着だったガロアクリークなど7頭立て。

■芝千直の邁進特別
新潟11Rは芝直線1000mの邁進特別(2勝)。同舞台の1勝クラス5馬身差圧勝からの連闘となるトミケンルーア、ロードカナロア産駒の牝馬バトーデュシエル、昨年2着のタピオカなど。

■東京10R・緑風Sにトゥーフェイスなど
東京10Rは芝2400mの緑風S(3勝)。同舞台連勝実績があるトゥーフェイス、前走はダイヤモンドSに挑戦したカレンルシェルブルやセントレオナード、皐月賞馬ジオグリフの兄アルビージャなどがオープン入りを狙う。

■中京10R・三河Sでスレイマンの3連勝なるか
中京10Rはダート1800mの三河S(3勝)。スレイマンはジェンティルドンナの弟にあたるキングカメハメハ産駒で、現在ダートで連勝中。トップハンデタイの56kgを背負うことになるが、3連勝でオープン入りなるか。対するは、ベルシャザール産駒アズユーフィール、アスカクリチャン産駒クリノドラゴンなど。

■あずさ賞でマテンロウスカイ復帰
中京9Rは芝2000mの3歳1勝クラス・あずさ賞。昨年の野路菊Sで3着だったマテンロウスカイが4か月半ぶりの休み明けを迎える。鞍上は横山典弘騎手。他には、未勝利を4馬身差で制したガイアフォース、青葉賞9着から巻き返しを狙うサンライズエースなど。

■カレンチャンの仔カレンイモーションが初陣
中京3Rで行われるダート1900mの3歳未勝利で、カレンチャンを母に持つハーツクライ産駒カレンイモーションが既走馬相手にデビュー。乗り込み量豊富でいきなり期待できそうだ。鞍上は横山典弘騎手。

■川須栄彦騎手らが区切りの勝利まであとわずか
川須栄彦騎手はJRA通算400勝まであと1勝で、本日は新潟で3鞍に騎乗。松若風馬騎手はJRA通算400勝まであと3勝で、本日は東京で5鞍に騎乗。菊沢一樹騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は新潟で9鞍に騎乗する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加