2PMテギョン主演の『御史とジョイ』新ティーザー公開!テギョンの間抜けぶりに反響続出「本番が楽しみ」

2PMテギョン主演の『御史とジョイ』新ティーザー公開!テギョンの間抜けぶりに反響続出「本番が楽しみ」

  • 韓ドラ時代劇.com
  • 更新日:2021/10/14

2PMのオク・テギョンと女優キム・ヘユンが、韓国tvNの15周年特別企画ドラマ『御史とジョイ』(原題)を通じて朝鮮を揺るがす究極のコンビプレーを披露する。

初回放送を11月8日に控えた同作は、突然に御史(地方に派遣された臨時の官職)になってしまった美食家のお坊ちゃんラ・イオン(演者オク・テギョン)と、自分の幸せを求めて突き進む棄別婦人(離婚した女性)キム・ジョイ(演者キム・ヘユン)の痛快な冒険を描くコミカル時代劇だ。

ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』『サバイバー: 60日間の大統領』のユ・ジョンソン監督と、映画『ガール・コップス』の脚本家イ・ジェユンが意気投合した作品である。

【関連】テギョン主演の『御史とジョイ』、どんなコミカルタッチになる?

先日公開されたティーザー映像第3弾には、カッコいいが間抜けなラ・イオンと、しっかり者のキム・ジョイの斬新なコンビネーションが描かれた。

道の真ん中で御史の象徴である馬牌(マペ)を真顔で突きつけるイオン。しかし、通行人たちに肩をぶつけられ、あっけなく馬牌を投げ飛ばしてしまう。空中に飛ばされた馬牌をキャッチしたのは、イオンの後ろにいたジョイだ。

馬牌を突き付けながらニヤリと笑うジョイの後ろからは、イオンの下僕であるはずのユッチル(演者ミン・ジヌン)とクパル(演者パク・ガンソプ)が彼女のボディーガードのように登場。イオンを除いてはチームワークばっちりな彼らの様子が、笑いを誘っている。

No image

(画像=tvN)

なかなか“息が合わない”彼ら捜査団は、無事に王命を果たすことができるか。このティーザー映像を見たネット民からは「ティーザーから面白すぎ!」「ジョイオン(ジョイとイオンの略)カップルのやりとりが楽しみ」「ユッチルとクパルは、もうジョイの味方なんじゃ?w」「ジョイ可愛い」「本番、楽しみにしてます」といった反響が寄せられた。

2PMオク・テギョン扮するラ・イオンは、科挙(官僚登用試験)に首席合格したエリートだが、今は“マンネリな”公務員だ。しかし、突然の暗行御史任命に加え、眠っていた正義感を目覚ましてくれたジョイによって、人生が大きく変わり始める。

キム・ヘユンが演じるキム・ジョイは、“儒教の聖地”である朝鮮で「離婚」を叫ぶクールな女性だ。旺盛な好奇心と頭の良さを生かし、捜査団の“秘密兵器”として活躍する予定。彼女は最低の出会いから絡んだイオンを意外な方向に導くだけでなく、自身も新しい世界と向き合うことになる。

オク・テギョン、キム・ヘユンの“ドタバタ捜査劇”が見られる『御史とジョイ』は、韓国tvNにて11月8日22時30分に放送開始予定。

(記事提供=OSEN)

韓ドラ時代劇.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加