トイレ掃除をするのは児童?教員 コロナ禍の小学校ではこんな問題も

トイレ掃除をするのは児童?教員 コロナ禍の小学校ではこんな問題も

  • OVO
  • 更新日:2020/11/20
No image

対面授業に戻っている小学校では、マスクや換気、他人との距離などさまざまな感染防止策を継続しているが、考えてみればコロナ前と比べて変わったことは少なくない。トイレ掃除がその一つ。子どもが校内の掃除をする日本の学校のやり方は、海外から評価されることも多いが、このコロナ禍で、掃除を子どもに任せることは危険でもある。そこで目下、多くの教員がトイレ掃除をするようになっていることが、大阪府下の小学校教諭など92人を対象に行われた小林製薬のアンケート調査で分かった。

子どもたちのトイレ使用で不安に感じていることをたずねると、教員の7割以上が「トイレ内のレバーや便器に多くの児童が触れること」を挙げた。そして6割以上が児童にトイレ掃除をさせることに不安を感じており、緊急事態宣言による休校前は児童がトイレ掃除をしていた学校でも、休業明けから教員が清掃を担当するようになったところが多かった。現在、徐々に児童による清掃割合が増えてきているが、それでも休業以前の割合に戻すことはちゅうちょしているようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加