貴景勝が示した番付の重み 「責任は果たしているんじゃないですか」

貴景勝が示した番付の重み 「責任は果たしているんじゃないですか」

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/11/25
No image

"押し出しで豊昇龍を破った貴景勝(右)=吉本美奈子撮影"

(25日、大相撲九州場所13日目 ○貴景勝 押し出し ●豊昇龍)

貴景勝「焦りもある」 なれるか横綱、4人の先人が教えてくれること

番付の重みを示した、結びの一番だった。

大関貴景勝は無心だった。1差で追う関脇豊昇龍を威力のある突き押しで寄せ付けない。左からのいなしを交えて攻め続け、土俵の外へ押し出した。これで3場所連続となる2桁勝利だ。

「あんまり覚えていないですけど、集中してやりました。自分がどうやっていくか、あんまり考えずにやろうと思った」

3敗を守って、優勝争いに踏みとどまった。2敗で単独先頭の高安を、1差の4人が追う展開に持ち込んだ。土俵下で見守った伊勢ケ浜審判長(元横綱旭富士)も「優勝争いをして、(大関の)責任は果たしているんじゃないですか」と評する。

今場所、看板力士として課された責任は重い。横綱照ノ富士が初日から休場し、東大関の貴景勝が出場力士のなかで番付最上位となる。この日、もう1人の大関、正代が目の前で負け越し、来場所での大関転落が決まった。

そのなかで連日、気迫のこもった相撲を見せている。「しっかり準備して、一生懸命がんばるだけ。それだけ考えてやっています。それが土俵を締めることにもつながってくる」と語る。

最後に賜杯(しはい)を抱いたのは、2年前の11月場所までさかのぼる。14日目は、3敗で並ぶ王鵬とぶつかる。3度目の優勝をしっかりと狙っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加