使いこなしてる?「iPad Pro」を仕事、趣味、勉強に活用する方法

使いこなしてる?「iPad Pro」を仕事、趣味、勉強に活用する方法

  • @DIME
  • 更新日:2021/07/20
No image

Farknot Architect / Shutterstock.com

iPadは、iPhoneなどのスマホが持つ機動力と、ノートパソコンに近い情報処理能力を兼ね備えたデバイスです。その中でも高いスペックを備えたiPad Proは、持てる力を存分に引き出して活用したいですよね。そこで今回の記事では、iPad Proの便利な使い方を紹介します。

仕事、趣味、勉強に! 幅広い用途に使えるiPad Proでできること

2021年7月現在の最新iPad Proは、第5世代12.9インチと、第3世代11インチ。iPad Proはそのスペックの高さから、仕事で業務の効率化を図ったり趣味としてゲームを楽しんだりと、様々な用途で使えます。まずはシーンごとの使用例を見ていきましょう。

No image

単体で使っても高性能で便利なiPad Proですが、周辺機器を組み合わせるとさらに活用の幅が広がります。例えばMagic Keyboardなどの外付けキーボードを併用すると、ノートパソコンのように早変わり。Apple Pencilなどのスタイラスペンを組み合わせれば、手書き入力もラクにできます。用途にあわせて、周辺機器も活用しましょう。

【参考】Apple、画期的なM1チップと超高速5G、美しい12.9インチのLiquid Retina XDRディスプレイを搭載した新しいiPad Proを発表

iPadがもっと便利に!Bluetoothで周辺機器を接続してフル活用する方法

11インチ、12.9インチ対応モデルを厳選!「iPad Pro」を拡張する専用ケースの選び方

リモートワークにもおすすめ! iPad Proを仕事で活用

仕事で欠かせないメールの送受信も、iPad Proなら移動中や移動先でも確認しやすいです。

Wordを使った報告書作成など、ガッツリ文章を入力するなら、外付けキーボードを利用すると便利です。PowerPointなどの文書や資料の校正・赤入れなら、スタイラスペンを使って、サッと手書き入力するのがおすすめです。

また、Zoomなどを使ったオンライン会議には、オフィスや自宅以外にいても参加できます。複数アプリの同時操作に対応しているので、会議に参加しながら資料の確認も可能です。

【参考】意外と知らないiPadで利用できるWordの無料版と有料版の違い

「iPad」がもっと便利になる高性能スタイラスペン3選

クリエイティブな趣味にも活用できるiPad Pro

iPad Proでは、動画視聴はもちろん、動画や写真の編集もできます。映画のようなサウンドを響かせられる「4スピーカーオーディオ」内蔵で音楽鑑賞が楽しめるほか、作曲することも。

No image

イラスト制作はiPad Proの得意技です。スタイラスペンと組み合わせれば、iPad Proが使いやすいキャンバスに。趣味としてだけでなく、仕事レベルのイラスト制作にも使えます。

【参考】Apple Pencilでスケッチ、プロットチェックはDropboxで共有!「ヒマチの嬢王」で人気の漫画家・茅原クレセさんのiPad Pro活用術

YouTuber、漫画家、クリエイター、達人たちに聞く仕事に活かすiPad活用術

調べものだけでなくオンライン学習にも! 勉強にも活用できるiPad Pro

タッチ操作できる大画面で、iPad Proを学習にも役立てましょう。学習用アプリの中には、画像や音声に対してマウスやキーボードで操作を進め、独学でも個別指導を受けているように勉強できるものも。iPadがサポートしている強力なAR(実際の映像や画像とCGを合成して仮想空間を作り出す技術)を活用した学習アプリなら、学びの理解がより深まります。

活用法は様々! 大学生ならあらゆる場面でiPad が使える

iPad Proを特におすすめしたいのが大学生です。オンライン授業の受講から、レポート作成、配布資料へのメモ書きやノート作成など、iPad Proひとつでこなせる作業が数多くあります。外付けキーボードとスタイラスペンを組み合わせれば、学生生活の様々なシーンに対応が可能です。

まず何から始めればいい? iPad Proを買ったらすること

iPad Proを買って電源を入れたら、まずセットアップが必要です。画面の指示に従って進めていきましょう。また、iPad Proの機能をフルに引き出すには、Apple IDが必要です。Apple IDを持っていない人は、あわせて登録してください。

自動で人物を中心に映せる! iPad Proの実はすごい機能「センターフレーム」

Slide OverやSplit Viewといった便利機能をはじめ、様々な便利機能を備えたiPad Pro。さらにiPad Proには精度の高い顔認証を実現するTrueDepthカメラシステムが搭載され、「センターフレーム」が利用できるようになりました。

この機能は、広角カメラの画角を自動で調整して、人物を常にフレームの中心に保つというものです。

No image

人物が動くと、センターフレームが自動的に向きを変えます。ほかの人が参加すると、自動的にズームアウト。FaceTimeや、様々なビデオ会議アプリで利用できます。

【参考】iPad Pro でセンターフレームを使う(Apple)

テレワークの作業効率が劇的にアップする最新版iPadの「Sidecar」活用法

「iPad」で画面分割できるって知ってた?マルチタスク機能で作業効率を上げる方法

活用の幅を広げたい! iPad Proのおすすめアプリ

ここからは、便利なiPad Proをより活用できるおすすめアプリを紹介していきましょう。

【参考】仕事から写真編集まで!iPadでアプリを徹底的に使いこなす方法

iPad Proでイラスト制作を始めたい! おすすめアプリは「アイビスペイントX」

スマホ・タブレット用のお絵描きアプリとして進化してきた「アイビスペイントX」。1000種類以上の多彩なブラシや、高度なレイヤー機能と豊富な描画モードで、本格的なイラスト制作ができます。絵を描く工程を動画として保存し、共有も可能です。Apple Pencilなどのスタイラスペンに対応しています。

【参考】アイビスペイントX(App Store)

iPad Proでメモを取ろう! 純正感覚で使える無料のおすすめアプリ「Bear」

「Bear - プライベートメモ」は、ちょっとしたメモから本格的な執筆までできるテキストエディタです。作成したメモは、ハッシュタグを挿入して簡単に整理。また、キーワードで検索して、お目当てのメモをすばやく探し当てられます。有料版ではPDF、HTML、DOCX、JPEGなどの形式に出力したり、iCloud経由で他のデバイスと同期したりできます。

【参考】Bear - プライベートメモ(App Store)

iPad Proをビジネス用途で使うなら「Microsoft Office」のアプリがおすすめ

「Microsoft Office」は、ビジネス用定番アプリのWord、Excel、PowerPointがセットになったアプリ。

表や書類を撮影して取り込み、ExcelやWordで編集できるといった便利な機能も。指やスタイラスペンを使った手書き入力にも対応しています。サブスクリプション版(月額課金)のMicrosoft 365アカウントでサインインすれば、パソコンとの間でファイルを同期するなど、Microsoft Officeのフル機能を利用できます。

【参考】Microsoft Office(App Store)

無料で使える?iPadでMicrosoftのOfficeを賢く使いこなす方法

iPad Proでゲームを楽しもう! 理想の世界が作れるおすすめアプリ「Minecraft」

ランダムに生成された世界で、様々なものを作り上げる人気ゲームの「Minecraft」。iPad Proなら大画面で操作もしやすく、場所を選ばず楽しめます。

クリエイティブモードでは、無限の資源を使って究極の世界を作れます。サバイバルモードなら、武器や防具を作って危険な敵と戦いながら、世界を探検できます。

招待したフレンドと一緒にプレイできる有料のMinecraft Realmsも用意されていて、楽しみ方が広がります。

【参考】Minecraft(App Store)

星座の勉強もできるおすすめアプリ! iPad Proでプラネタリウムが楽しめる「Night Sky」

「Night Sky」はiPadを空にかざすだけで、上空の星や惑星、星座、衛星などを即座に判別するアプリです。ARを利用した高精細のグラフィックにより天体を間近で観察し、目当ての星を検索してすばやく見つけられます。星の観察をサポートしてくれる天体観測ガイドとして使えるので、勉強にも最適です。

【参考】Night Sky(App Store)

iPad Proにできないことはない!? 新しい使い道を考えてみよう

スマホやパソコンのようにも使えるiPad Proは、本格的なイラスト制作まで可能で、もはやできないことはないのでは? と思わせられます。お気に入りのアプリを探しながら、さらなるiPad Proの新しい使い道を考えてみてはいかがでしょうか。

No image

slyellow / Shutterstock.com

※データは2021年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。
※Bluetoothは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

文/ねこリセット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加