DeNA 主砲オースティンが途中交代...一塁から本塁“激走”で苦悶の表情

DeNA 主砲オースティンが途中交代...一塁から本塁“激走”で苦悶の表情

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

◇交流戦 DeNA―西武(2021年6月9日 メットライフ)

No image

<西・D>4回2死満塁、宮崎の走者一掃の二塁打で一塁から生還したオースティンは足を痛め、苦悶の表情。左は桑原(撮影・森沢裕)

DeNAのオースティン外野手(29)が9日、敵地での西武戦で途中交代となった。

オースティンは「4番・DH」で先発出場。初回に1死三塁から相手先発ダーモディの3球目を完璧に捉え左中間スタンドまで運ぶ12号2ラン。

4回には2死二、三塁から2打席連続の四球で出塁。続く宮崎の三塁線を破る一打に一塁から激走で本塁へ生還。しかし、オースティンは苦悶の表情。足を気にするしぐさを見せベンチでトレーナーに治療を受けていたが、6回再び打順が回ってきたところで交代。代打には山下が送られた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加