阪神 先発・才木が3回1失点で降板 島本へ早めの継投

阪神 先発・才木が3回1失点で降板 島本へ早めの継投

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/27
No image

先発し、力投する才木(撮影・田中太一)

「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム)

先発した阪神・才木浩人投手(23)は、3回4安打1失点でマウンドを降りた。

いきなり4点リードをもらった初回。1死から上本に左中間への二塁打で1死二塁を招くと、続く西川に右前打を浴び、二塁走者に際どいタイミングながら本塁生還を許した。矢野監督はリプレー検証を要求もセーフの判定は変わらず、失点を喫した。

二、三回は安打を許すも無失点。球数57球での降板となった。四回から島本が2番手として登板した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加