尾川堅一が世界戦の公式会見「自分自身が興奮している」/BOX

尾川堅一が世界戦の公式会見「自分自身が興奮している」/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

公式会見に出席した尾川堅一(右)とアジンガ・フジレ(左)。中央はエディー・ハーン会長(帝拳ジム提供)

プロボクシングIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦(27日=日本時間28日、米ニューヨーク、マディソンスクエアガーデン・Huluシアター=MSG)の公式会見が24日(同25日)、試合会場の入り口付近で行われた。

同級3位の尾川堅一(33)=帝拳=は司会を務めた英興行大手マッチルームのエディー・ハーン会長(42)=英国=に王座獲得後の統一戦について聞かれ「まずはタイトルを取ってから。このタイトルは僕にとっても、応援してくれる全ての人たちにとっても重要なので、まずは取ってから統一戦に進みたい」と答えた。

南アフリカ人vs日本人の試合がMSGで行われることについては「試合を組んでくれたことに感謝しているし、自分自身が興奮している」と述べた。最後は対戦する同級2位のアジンガ・フジレ(25)=南アフリカ=と約15秒間のフェースオフを行った。

会見の前には、宿泊しているホテルから近いチャーチ・ストリート・ジムで昼から約1時間半汗を流し「今日も良い感じで動けた。動き自体も良かった」と上々の仕上がり。前日に初対面したフジレの印象を「昨日も会ったので、特にどうということはないが、時差ぼけでもあるのか、少し元気がないように感じた」と語った。

この日、初めて公式のはかりで体重を量り、リミットの58・9キロまであと約1キロ。「減量も予定通り」と順調だ。

プロ戦績は2017年12月以来、2度目の世界戦となる尾川が28戦25勝(18KO)1敗1分け1無効試合、初の世界戦となるサウスポーのフジレが16戦15勝(9KO)1敗。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加