Android 12初の開発者プレビューが公開されました!

Android 12初の開発者プレビューが公開されました!

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2021/02/22
No image

Image: Google via Gizmodo US

さらなる進化。

米Google(グーグル)は現地時間の2月18日、最新モバイルOS「Android 12」初の開発者プレビューを公開しました。これをチェックすれば、今年後半に本格リリースが予定されている次期ソフトウェアのアップグレード内容を垣間見ることができます。

今回のプレビュー版で追加された機能

今回のビルドはまだ最終形態ではなく、春から夏にかけてさらに機能の追加が予定されています。今回の開発者プレビューではメディアトランスコーディングの改善、通知の高速化、アプリテストの強化、セキュリティおよびプライバシー機能の向上といった内容が公開されました。

Googleはリッチコンテンツをサポートするため、Android 12にメディアトランスコーディング機能を追加。次世代動画圧縮規格「HEVC」に対応していないアプリでも、HEVC動画を簡単に変換できるようになっています。

また、画質全般のクオリティ向上のため、AV1画像ファイル形式(AVIF)を導入。AVIFは圧縮率が高く、JPEGと比べても同じファイルサイズでの画質が劇的に向上します。さらに、新たなAPIが追加され、アプリがクリップボードやキーボードなどからリッチコンテンツを受信できるようになったことで、コンテンツが共有しやすくなります。

通知関連の機能が大幅に改善

今回の目玉のひとつが、通知のユーザーインターフェースと機能の大幅改善。通知シェードのレイアウトが一新され、全体のアニメーションも高速化されています。Googleは通知シェードからのアプリ起動を高速化したいと考えているようで、Android 12ではアプリ起動時に「通知トランポリン」に依存するのではなく、アプリを直接起動するよう開発者に推奨しています。

アプリの互換性と安定性の観点から、GoogleはProject Mainlineのサポートを拡大し、デベロッパーがタブレット、折りたたみ式デバイス、Android TV向けにアプリを最適化する際に役立つツールをさらに提供していく方針。さらに、あらゆるデバッグ向けに切り替え可能な設定メニューも作成しているとのこと。

最後に、ユーザーのプライバシー保護を強化するため、Googleは追跡に使用される識別子をコントロールする機能やWebViewでのCookieの動作改善、アクティビティをエクスポートするアプリに対するセキュリティ強化などを追加しています。

詳細については、こちらのGoogleのAndroid12デベロッパーサイトをご覧ください。今回発表されたAndroid 12プレビューはPixelのスマートフォン(Pixel3もしくは5)をお持ちの方なら誰でもダウンロードしてテストすることができますし、Android StudioのAndroid Emulatorを使用することも可能。ですが、あくまで一般ユーザー向けではなく、開発者などのパワーユーザーを対象としているそうなのでご注意ください!

R.Mitsubori

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加