広島 秋山サヨナラ打で、大大大逆転勝利! 9回に3点差ひっくり返して8連敗阻止

広島 秋山サヨナラ打で、大大大逆転勝利! 9回に3点差ひっくり返して8連敗阻止

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇セ・リーグ 広島6-5阪神(2022年8月6日 マツダ)

No image

<広・神>サヨナラ打を放ち、ナインとハイタッチをかわす秋山(中央)(撮影・北條 貴史)

広島が6日の阪神戦に大逆転勝ちを収めた。

2-5と3点差の9回にドラマが待っていた。阪神・岩崎から小園、会沢の連打で無死一、二塁の好機をつくると、上本の二ゴロに対して阪神・小幡が悪送球で1点を返した。さらに1死二、三塁で菊池涼の遊ゴロをイレギュラーバウンドした打球に阪神・中野がファンブル。一気に2点を奪って同点とすると、最後は1死二塁から秋山が右前にサヨナラ打を放って、決着をつけた。

負けていれば8連敗。佐々岡監督が指揮を執るここ3年の中では最長タイの不名誉記録となるところだったが、直前で回避した。後半戦未勝利チームが、ついにトンネルを脱出した。

序盤は先発のアンダーソンが2回に梅野に先制適時打を許し、3回にはロドリゲスの犠飛など2失点。結局、3回を7安打3失点で降板となった。さらに4回から登板した2番手・藤井も勢いを止められず。佐藤輝に2点適時二塁打を浴びて、4回までに5点を献上した。だが、最後まで勝利をあきらめなかったファンに応えるように、広島ナインも奮起。大逆転勝ちで連敗を脱出した。

この日は77回目の「原爆の日」。マツダスタジアムでは今年で15回目を迎えるピースナイターとして行われ、試合開始前には両軍が黙とうをささげた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加