「コントが始まる」有村架純のコメント到着「28歳は小さな光を見つけ始める年齢」

「コントが始まる」有村架純のコメント到着「28歳は小さな光を見つけ始める年齢」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/02/23

日本テレビ系の4月期ドラマ「コントが始まる」に出演する有村架純のインタビューコメントが到着した。

No image

有村架純

すべての画像を見る(全3件)

No image

本作は菅田将暉神木隆之介仲野太賀が売れないお笑いトリオ・マクベスを演じる群像劇。有村はマクベスがネタ作りのため集まるファミレスのウェイトレス・中浜里穂子を演じる。

No image

菅田、神木、仲野と同じく1993年生まれの有村。現在公開中の映画「花束みたいな恋をした」でも共演した菅田を「あらゆる状況を瞬時に受け入れて対応できる方だと思いますし、芝居にしてもそうじゃない部分にしても受け入れ態勢がしっかりされているのでこちらとしてもすごく安心感があります。人を否定しないところもとても素敵な役者さんだと思います」とたたえる。

映画「3月のライオン」などで共演した神木については「好奇心旺盛で、自分の好きなものに対しての探求心がすごい」とコメント。「だからこそ、芝居になったときに自分の役柄について細かいニュアンスをすごくプラスで足してくる方なので、そういったところがとても面白い役者さんだなあと思います」と語る。

また、有村は仲野との共演に「初めてご一緒します。とても聡明で優しい方な印象があったので、これから知っていくのが楽しみです」と期待。里穂子の妹・つむぎを演じる古川琴音について「声がとても素敵で聞いていて心地いいです。お芝居をするうえで声ってものすごく大切だと思うんですね。きっとポテンシャルが高い方なんだろうと思うので、その奥行きをもっと知っていければなと思っています」と話した。

自身の実年齢と同じ28歳の人々が中心となる「コントが始まる」。28歳という年齢を、有村は「社会経験もそれなりにあって、大きな挫折や失敗を一度は経験していてもおかしくない年齢なのかなと。理想だけではなく現実とも向き合い始める年代になっていて、そうなったときに物事に対して臆病になったり、心が凝り固まっちゃうような年齢に差し掛かっていると思います。いろんなものや人と出会うことで少しずつ何かが解れたりしながら人生の小さな光を見つけ始める年齢なのかな」と述懐した。

「コントが始まる」は毎週土曜22時からオンエア。「俺の話は長い」の金子茂樹が脚本を手がけ、猪股隆一と金井紘が演出を担当する。

土曜ドラマ「コントが始まる」

日本テレビ系 2021年4月スタート 毎週土曜 22:00~

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加