巨人のファーム新球場は国内初の水族館一体型 「東京ジャイアンツタウン」構想

巨人のファーム新球場は国内初の水族館一体型 「東京ジャイアンツタウン」構想

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/01/25
No image

左翼後方に水族館が併設される新球場(球団提供イメージ)

読売新聞東京本社、巨人、よみうりランドの3社は25日、稲城市のよみうりランド遊園地の隣接地帯で進める『東京ジャイアンツタウン』構想を固め、国内初の水族館一体型の球場を建設することも発表した。

新球場の左翼後方に水中回廊を備えた本格的な水族館を併設。外野席からコンコースを通って水族館へ移動できるという。新球場は2025年3月、水族館は26年に開業予定となっている。

人工芝が敷かれる新球場は若手選手育成の拠点とし、少年野球や女子野球などにも貸し出し、地域振興に貢献する。現在、ファームが使っている川崎市のジャイアンツ球場は主に3軍が使用するなどそのまま残して活用する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加