ホンダ ゴールドウイングシリーズ、カラーバリエーションを一部変更

ホンダ ゴールドウイングシリーズ、カラーバリエーションを一部変更

  • レスポンス
  • 更新日:2021/11/25
No image

ホンダ ゴールドウイング(マットジーンズブルーメタリック)

もっと画像を見る

ホンダは、大型プレミアムツアラー『ゴールドウイング』シリーズのカラーバリエーションを一部変更し、2022年4月21日に発売する。

ゴールドウイングは、モーターサイクル唯一の水平対向6気筒1800ccエンジンを搭載した大型ツアラー。2018年1月、17年ぶりの全面刷新を図り、軽量コンパクトな車体に新設計エンジン、二輪車用ダブルウィッシュボーンフロントサスペンションなど、数々の先進装備を搭載した。

今回、トップボックスを備えるゴールドウイング ツアーのカラーバリエーションは、フレームや足まわり、マフラー、エンジンのヘッドカバーなど、細部までブラックで統一し、上質感と重厚感を強調した「ガンメタルブラックメタリック」を新たに採用。継続色の「パールグレアホワイト」と「キャンディーアーダントレッド」をあわせた、全3色の設定としている。

標準モデルのゴールドウイングは、ブルーの車体色を基調にエンジンカバーにレッドのアクセントを施し、モダンな印象とした新色の「マットジーンズブルーメタリック」の1色を設定している。

価格はゴールドウイング ツアーが346万5000円、ゴールドウイングが294万8000円。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加