阪神・藤川 あるゾ!18日復帰登板 ベンチ入り「決めている」指揮官が明言

阪神・藤川 あるゾ!18日復帰登板 ベンチ入り「決めている」指揮官が明言

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

阪神・藤川

「阪神(降雨中止)ヤクルト」(17日、甲子園球場)

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が18日・ヤクルト戦(甲子園)で1軍復帰登板する可能性が17日、浮上した。雨天中止となった17日の同戦は2試合ぶりにベンチ入り。矢野監督は「明日も入れるというのは決めている」と明言した。

ただ、藤川の右肘は手術が必要なほど深刻な状況。この日も室内練習場で行われた試合前練習に姿を見せなかった。矢野監督は本人の意思も踏まえて慎重に判断する方針だ。

「投げたらどうか分からんしさ。球児も無理してこっちに来ているから。投げた状況とかもしかしたらキャッチボールの段階で違和感とか出ることもあるやろうし。そこはピッチングコーチと球児とみんなで話し合ってどうするか決めていく」

藤川は15日・中日戦(ナゴヤドーム)から1軍復帰。当日はブルペンで出番を待ったが、登板機会は訪れなかった。それでも試合後には「やっぱり勝負の中で生きてきた人間。力になりたかったなと。自分が来たことで力を入れさせちゃったのかなとかいろんなことを考える」と素直な心境を明かしていた。

甲子園での登板となれば8月2日・DeNA戦以来、約2カ月半ぶりとなる。晴れ予報の日曜日。「ピッチャー・藤川」のコールが聞けるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加