中日・福留、ラストゲームは九回守備から出場 最終打席は二飛 目を潤ませ立浪監督と抱擁

中日・福留、ラストゲームは九回守備から出場 最終打席は二飛 目を潤ませ立浪監督と抱擁

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

九回、最終打席で二飛に倒れた中日・福留孝介=バンテリンD(撮影・中島信生)

(セ・リーグ、中日3―9巨人、23回戦、巨人13勝10敗、23日、バンテリンD)現役生活ラストゲームとなる中日・福留孝介外野手(45)が九回の守備から出場した。八回の攻撃中からキャッチボールをして準備。右翼へ向かうとスタンドからは大きな拍手が沸き起こり、帽子を取って感謝の思いを示した。守備機会はなく、6点を追う九回1死で現役最終打席へ。鍬原との対戦は1ボールからの149キロ直球をフルスイングしたが、二飛に倒れた。それでも球場はこの日一番の拍手に包まれ、福留はヘルメットを取って歓声に応えた。ベンチに戻ると立浪和義監督(53)がベンチ前に出て、主役を出迎え。福留は目を潤ませながら、あこがれて続けてきた指揮官の胸に飛び込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加