C大阪 ヨドコウ初戦に勝利し天皇杯2回戦突破 クルピ監督「家と呼べる最高のスタジアム」

C大阪 ヨドコウ初戦に勝利し天皇杯2回戦突破 クルピ監督「家と呼べる最高のスタジアム」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/09

◇天皇杯 2回戦 C大阪2-0鳥取(2021年6月9日 ヨドコウ)

No image

<C大阪・鳥取> 前半、相手に囲まれながらドリブルで攻め込むC大阪・清武(中央) (撮影・後藤 大輝)

C大阪が天皇杯2回戦でJ3鳥取に2―0で勝利し、ヨドコウ桜スタジアムでの初戦を飾った。

3―5―2の布陣を組み、2トップの一角に入った元日本代表FW大久保が前半5分に先制点をマーク。同31分には、右インサイドハーフのMF奥埜がDF松田力のクロスから追加点を奪った。

後半途中からシステムを4―4―2に変えながら、2―0のままタイムアップ。試合を終えたレヴィー・クルピ監督は「家と呼べる最高のスタジアムができたと感じた。(かつての金鳥スタに)良い想い出があるし、これからも、たくさん良い思い出ができると思う」と笑顔を浮かべた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加