西武 先発・高橋が4回途中5失点で今季2敗目...打線は終盤反撃も1点差及ばず

西武 先発・高橋が4回途中5失点で今季2敗目...打線は終盤反撃も1点差及ばず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 西武5ー6中日(2021年6月11日 メットライフD)

No image

4回途中、降板する高橋(右)(撮影・尾崎 有希)

西武は先発の高橋が4回途中5失点で今季2敗目。打線は3―6の8回に呉念庭、山川の適時打で1点差に迫ったが届かず、チームの連勝は2で止まった。

前回の登板で3回10失点の大炎上で今季初黒星となり、長かった髪の毛もバッサリ切って心機一転の先発となった高橋。2回までは安打を許しながらも無失点に抑えた。しかし3回先頭の高松、大島に連打を浴びて先制点を許す。さらに無死一、三塁のピンチを背負い、高橋周の中犠飛でこの回で2点を失った。4回も味方のミスもあり、無死一、二塁のピンチ招くと、高松の犠打を一塁手・山川の悪送球の間に二塁走者が本塁生還。続く大島も二野選で4点目を失った。さらに堂上に中前適時打を浴びて失点し、高橋は3回0/3、75球を投げて8安打5失点で降板。その後、3番手の佐々木が7回1死三塁でビシエドを遊ゴロで打ち取るも、遊撃手・山田の悪送球で失点した。

打線は0―5の5回無死一塁で山川の9号2ランで2点返し、2―6で迎えた7回1死三塁で愛斗の左犠飛で反撃。3―6で迎えた8回2死一、二塁で呉念庭の右前適時打で2点差に詰め寄ると、続く山川の左前適時打で1点差にしたが、あと一歩及ばなかった。

中日は3回に大島の中前適時打などで2点先制。4回も堂上の中前適時打などで3点追加した。5―2の7回には相手のミスで加点。先発の大野雄が7回115球を投げて、5安打3失点で今季3勝目。対西武戦は16年6月11日以来となる5年ぶり勝利となった。大野雄が降板後、8回から祖父江、福、谷元と継投も2点失ったが、9回は又吉がリードを守り切って試合を締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加