iPhone 13とiPad miniに表れたアップルの強い意志

iPhone 13とiPad miniに表れたアップルの強い意志

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/09/15
No image

見えてきた2つの戦略

日本時間で15日の午前2時から、アップルが恒例の発表会をおこなった。今回も、オンラインでの開催だ。

「iPhone 13」を含む新製品群の発表からは、アップルが描いている「プロセッサー戦略」と、そこで使いたいと考えている「ソフトウエア戦略」が見えてくる。それはすなわち、「アップルの主力商品であるiPhoneをどのようにアピールしていくか」という話に集約されるものであり、同時に、そこからシャワー効果のように大きな影響を受けるiPad等の他の製品のあり方にも関わってくる。

似て非なる存在となった「iPad」と「iPad mini」

アップルは、「共通設計によって大量調達した半導体を多くの製品群に並行して用いる」という基本戦略を採っている。アップルのティム・クックCEOは、「iPadの販売が40%伸びている」と説明する。

No image

個人や教育市場などにおけるiPadの売り上げは伸びており、アップルにとっての重要度が増している

ハイエンドマシンの「iPad Pro」は、すでに今春に新製品が出ているので、残るは普及型だ。今回は、最も安価な「iPad」と、日本でも人気の高い「iPad mini」が登場した。

No image

新型の「iPad」(上)。最も安価なモデルだが、デザインなどは変更せずに中身をリニューアルした。「iPad mini」(下)は、デザインをiPad AirやiPad Proに合わせ、設計面を含めて大きく変貌した

この両者は「比較的安価である」という点こそ似ているが、位置付けは相当に異なる製品になってきた。

どういうことか?

異なるターゲット層

iPadは、従来の設計・デザインを引き継いでいる。

ホームボタンがあり、充電や周辺機器の接続に使うインターフェースも「Lightning端子」のまま。プロセッサーは、2019年発売のiPhone 11世代から使われている「A13 Bionic」だ。

最新ではないが、現時点でもパフォーマンス面で見劣りするスペックではない。設計やパーツを従来品から流用することで、「価格を低く抑え、コストパフォーマンスと生産効率を重視した製品」といえる。

3万9800円(税込)からという価格設定は、教育市場などの要請を考えれば必然だ。

No image

iPadはプロセッサーを中心に中身を刷新し、価格帯を維持した。したがって、デザインなどは唯一、「前の世代のまま」となっている

一方のiPad miniは、まったく違う特性をもつ。

特に、今回のモデルは「最新の設計で小型化したiPad」といって差し支えない。プロセッサーは、今年の新製品である「iPhone 13」シリーズと同じ「A15 Bionic」を搭載。指紋センサーは電源ボタンの位置に内蔵されており、ホームボタンもなくなった。Apple Pencilも、iPad ProやiPad Airと同じ「第二世代」に対応している。

価格は5万9800円(税込)からと多少高くなるが、性能・仕様面では最新のものが詰め込まれている。実際に使ってみるまでわからない部分も多々あるが、安価なiPadではなく、「最新の小さなiPad」を求めている人には満足のいく仕様に仕上がっているのではないか、という印象だ。

No image

iPad miniは「今の世代のiPad」に合わせたモデルチェンジで、対応するApple PencilもProなどと同じ「第二世代」になった

「Aシリーズ」と「Mシリーズ」

両者の違いは、別のかたちで説明するともう少しわかりやすくなる。

アップルの各製品には、「低価格路線」モデルがある。iPhoneでいえば「iPhone SE」であり、iPadでいえば「iPad」だ。これらは、以前のモデルから使用しているスタンダードな設計を流用しつつコストを抑えた製品群であり、設計上のフィロソフィーが似ている。

これに対して今回のiPad miniは、サイズは小さいものの、iPhoneと同じく「最新のものをこだわりのある人に売る」モデルといっていい。

どちらもiPhoneで量産された半導体のコスト競争力を活かしてつくられたもので、iPhoneで使われている「Aシリーズ」のプロセッサーを採用しているのもポイントだ。

アップルは現在、MacとiPad Proで「M1」という別系統のオリジナルプロセッサーを使っている。ハイエンド向けに、さらに性能アップしたチップをつくる予定もある。

一方で、今回のiPad miniにM1を使ってこなかったことで、アップルの考えがかなりクリアーになったといえる。

M1から始まった「Mシリーズ」はハイエンドな製品に使うものとして位置づけられ、よりMac/PC的な価値観のアプリケーションを想定した製品に向けられている。一方、価格を抑えたりモバイル性を重視したりする場合には、圧倒的な生産量を誇る「Aシリーズ」を使う。だから、Pro以外のiPadとiPhoneには「Aシリーズ」……、という使い分けなのだろう。

iPhoneはどう変わったか?

さて、アップルの利益の源泉であり、製造の要でもあるiPhoneは今回、どう変化したのか?

昨年の 12シリーズでは5Gへの対応もあり、デザインを大幅にリニューアルしたiPhoneだが、今年の「iPhone 13シリーズ」は、そのデザインを引き継いだ改善といえる。

No image

写真上・左奥から、iPhone 13 Pro Max・13 Pro・13・13 mini。今年も4モデル構成で、デザインテイストは12シリーズに近い。 写真中・iPhone 13。カラーは5色。コンパクトな「mini」も、同じカラーバリエーションだ。 写真下・iPhone 13 Pro。メタリックな外観で、4色展開

デザインはまったく同じように見えるが、じつはいくぶん重くなっている。その理由は、特にニーズの高い要素である「バッテリー動作時間」と「カメラ」の改善にあると考えてよさそうだ。

5Gに対応したスマホの弱点の1つは、「バッテリー動作時間」だ。5Gで通信できるエリアが広くなればなるほど、より高速・低遅延で通信できて快適である一方、消費電力はどうしても大きくなる。

「13 mini」が受けた恩恵

iPhone 13ではProだけでなく、miniも含めたすべてのモデルでバッテリー動作時間が伸びている。プロセッサーを最新世代に更新した結果に加え、搭載するバッテリーも変更するなど、設計の見直しがおこなわれた結果だ。

No image

バッテリー動作時間を伸ばすため、より大きなバッテリーが搭載できるよう、設計の見直しがおこなわれている

特に恩恵が大きいのは、「iPhone 13 mini」ではないか。

サイズが小さいと、どうしてもバッテリー搭載量が小さくなりがちで、iPhone 12世代でもminiは動作時間の面で不利だった。今回の改善で、iPhone 13 miniはiPhone 12と同じ「17時間動作(ビデオ再生時)」になった。

iPhone 13はさらに伸びて同「19時間」になっているが、「バッテリーの持ちが気になって、小さいモデルを選べなかった」という人には朗報だろう。モデルによって違いはあるものの、どのモデルを選んでもバッテリー動作時間が2時間前後も伸びているのは、新機種の重要な改良点ではある。

No image

サイズの小さな「mini」は、特にバッテリー動作時間が長くなった恩恵を受けるモデルといえそうだ

コロナ禍でマスク着用が増えたことから、iPhoneでも「顔認証ではなく指紋認証を」という要望はあったものの、今回も指紋認証は搭載されていない。顔認証に使う「Face ID」が改良され、切り欠き部分が小さくなってはいるが、「切り欠きがある」ことには変わりなく、この点は大きな変化とまではいえない。

アップルの強い意志

スマートフォンの進化がカメラに集約されるようになって久しいが、iPhone 13についても、わかりやすい進化点は「カメラ」だ。

No image

カメラはどのモデルも進化しているが、特に「Pro」シリーズでの改良が目立つ

カメラモジュール、特にレンズまわりが強化され、暗い場所がより明るく撮影できるようになり、手ブレに強くなるなどの変化があった。なかでも、カメラにこだわったハイエンドモデルである「Pro」シリーズの2機種は、いずれもレンズまわりを大幅に変更し、撮影クオリティーが向上しているものと期待できる。

光学でのズームイン(寄り)が2倍もしくは2.5倍(13 Pro Maxのみ)から3倍(両モデル共通)になったり、最大2cmまで寄ってマクロ撮影ができるようになったりと、順当な進化をしているといっていいだろう。

No image

13 Proシリーズではマクロ撮影機能が強化され、より被写体に「寄って」撮影できるようになった

だが、iPhone 13の進化から筆者が最も強く感じとったのは、ハード的な変化以上に「カメラを使った撮影機能自体を変えよう」という、アップルの強い意志だ。

「シネマティックモード」のすごさ

それが端的に表れているのが、iPhone 13シリーズからの新機能である「シネマティックモード」だ。

シネマティックモードは、簡単にいえば「映画っぽい動画を、撮影テクニックや複雑な操作を必要とせずに実現する機能」である。まずは、次の動画をご覧いただきたい。

iPhone 13シリーズに搭載される「シネマティックモード」で撮影された動画。映画的なストーリー演出がテクニックなしで可能になる

アップルが注目したのは、動画のフォーカス(ピント)が合う位置を変えることによって「視線を誘導するテクニック」である。

映画などでは、視聴者に注目してほしい登場人物が画角の中に入ってくると、そこにフォーカスが合うように演出される。背景には「ボケ」が入り、視聴者は自然とフォーカスが合っている人物に注目することになる。

そして、その人が他の登場人物と話しはじめると、こんどはそちらにフォーカスが移る。さらに、たとえば足元に猫がやってきたり、何かが窓から飛び込んできたりすると、つづいてそちらにフォーカスが移っていく。そのようにして、「注目してほしい」ポイントにフォーカスを合わせていくことで、ストーリーや情景を描き出しているわけだ。

No image

シネマティックモードでは、人の位置や向きなどに応じてフォーカス位置を自動的に変え、映像にストーリー的な意味合いを付加してくれる

プロの技術を手軽に実現

経験豊富なカメラマンであれば、当然そのことをわかっていて、映画の撮影では、演出意図に添ってつねにフォーカスを変えているわけだ。

プロでなくても、撮影の基本を知っている人にとっては当たり前のテクニックではあるが、そうでないふつうのユーザー、すなわち我々が日常的な撮影の際にそのことを気にしているか……というと、必ずしもそうではないだろう。

カメラはオートフォーカスになって久しく、画面全体にフォーカスが合う「パンフォーカス」での撮影も多い。静止画の場合にフォーカスを合わせたいところをタップして撮影……といったことをすることはあっても、動画撮影の際につねに「フォーカスの切り替え」を意図している人は少ないのではないか。

シネマティックモードでは、そのようなことを意識することなく、いままでどおりに「単に撮る」だけで、フォーカスの切り替わりが自動的に演出されるしくみなのだ。

どうやってこの機能を実現しているのか?

機械学習の進化

背景にあるのは「機械学習」だ。

被写体となる人物がどこに写っているのか、どう動いているのかをリアルタイムに解析しつつ、さらに、人物が振り向いて他の人と話しはじめたことを認識し、そちらに自動的にフォーカスを切り替えたりもする。実際にどんな撮影になるかは、アップルが公開している前掲のデモ動画を見るのがわかりやすい。この動画は、すべてiPhone 13のみで撮影されているという。

静止画の撮影において、物体の奥行きを自動認識して「ボケ」を演出する「ポートレートモード」が搭載されるようになって久しいが、シネマティックモードはその応用例といえる。ただし、写真以上に「見ている側の視線移動」が重要な動画では、フォーカスを活かした演出がより重要になるわけだ。

シネマティックモードで撮影されたデータには「奥行き情報」が付加されているので、撮影後に自分でフォーカスを変えて「演出」することも可能だ。

No image

シネマティックモードで撮影した映像には「奥行き情報」が含まれており、後からフォーカスの場所を変えることができる

そうした奥行き推定や被写体の認識などには、機械学習が多用されている。それを支えるのが、最新の半導体の力だ。

iPhone 13シリーズに使われている「A15 Bionic」は、ここ数年のAシリーズと同じように、機械学習処理の能力向上に力を注いでいる。それをわかりやすく活かしているのがカメラであり、今回搭載されたシネマティックモードのような存在である、ということになるだろう。

この機能を上位モデルのProだけでなく、iPhone 13シリーズすべてに搭載してきたところが面白い。

No image

iPhone 13と新iPad miniに使われているプロセッサーは「A15 Bionic」。アップルは今年も、機械学習の性能向上をアピールした

アップルが踏み出した「一歩」

カメラのフォーカスはこれまで、あくまでも「人が操作する要素」だったが、iPhone 13のカメラはA15 Bionicの処理能力を活かし、「コンピュータ処理による自動化と加工」に踏み込んできたことになる。高性能なプロセッサーを積んでいるスマホならではの方向性だ。

カメラの進化の方向性としてはかなり大胆なものではあるが、「いつかは来る世界」であり、そこにアップルも大きく一歩踏み出した。

一方で、そうした差別化点がカメラばかりに集中しているという懸念はある。実際には、音声認識や画像内の文字認識など、いわゆるAI処理の出番は増えており、そこで高性能なプロセッサーが活用されてはいる。

だが、それがカメラほど派手でわかりやすい要素になっておらず、ユーザーにしてみれば、結局「ハードウエアとしてのスマホの差別化点はまずカメラ」という流れになっている。

Apple Watchが狙う「すきま時間」

最後に、発売時期は少し先になるが(現時点では「2021年秋」とだけアナウンスされている)、同時に発表された新しい「Apple Watch」についても触れておこう。

No image

新しいApple Watchを発表するティム・クックCEO

Apple Watchの新製品は、7世代目となる「Apple Watch Series 7」だ。今回の改良は、おもに「ディスプレイの大型化」と「充電の高速化」にあるといっていい。

Apple Watchは、世代を経るごとにディスプレイを大きくしてきているが、技術の進歩によって「同じデザインのまま、ギリギリまで画面を大きくする」アプローチになっている。今回も、「縁」が目立たなくなるかたちで画面を大きくし、デザインそのものにはそこまで大きな変化を加えていない。「より見やすく・使いやすく」という方向性を考えると納得できる話だ。

No image

左から、新モデルの「Series 7」、現行商品の「Series 6」と「Series 3」。本体サイズはほぼ同じでも、ディスプレイの表示面積は大きく異なる

地味ではあるが、大きな変化は「充電の高速化」だ。

現行のSeries 6は「0%から80%までで1時間以内」とされていたが、Series 7ではそれが「0%から80%までで45分」に短縮された。「8分の充電で8時間の睡眠トラッキングに必要な電力を充電できる」とも説明している。

バッテリー動作時間そのものを伸ばすというよりは、「ちょっとした時間にすぐ充電できる」というアプローチを採っていることになる。

No image

Series 7はバッテリーの充電時間が33%短くなる

これは、Apple Watchが「フィットネス向け」にブレイクしていることと無縁ではないだろう。着替えたりシャワーを浴びたりしている細かな「すきま時間」に充電できる機能を整えることで、実用性をより高められるからだ。

今後のアップルが目指す方向性

日本ではまだ展開されていないが、アメリカなどで提供されている有料フィットネスサービス「Apple Fitness+」との連携も強くアピールされており、この点が彼らの目指す方向性である、ということなのだろう。

Series 7のもう1つの特徴として、防塵性・耐衝撃性が高くなった点も挙げられる。自転車での転倒対応などもアピールされたが、万が一転んだときなどにも壊れず、屋外で安心して使えるという点では、これもまた「フィットネスニーズからの要請」という側面がありそうだ。

No image

Series 7は防塵性能・耐衝撃性能が高くなり、自転車での転倒時などにも故障しづらくなった。屋外でも、より安心して運動に使える

アップルにとって最大の商品がiPhoneであることは間違いない。

だが、Apple Watchの存在はiPhone抜きに語れるものではなく、逆に、Apple Watchを使うならiPhoneを選ぶ必要がある。スマートウォッチ市場でトップシェアを確保しているアップルとしては、サービスまでをセットにすることでどこまで強く訴求できるか、という点が今後の重要課題になりそうだ。

西田宗千佳さんの最新刊はこちら

デジタルトランスフォーメーションで何が起きるのか

「スマホネイティブ」以後のテック戦略

No image

ネットフリックスの時代配信とスマホがテレビを変える

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加