コツコツ歩んで15年 鈴蘭学園が記念式〈相模原市中央区〉

コツコツ歩んで15年 鈴蘭学園が記念式〈相模原市中央区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

矢部のフリースクール鈴蘭学園(中村鳴美理事長)が今年4月で発足15周年を迎え、7月18日にユニコムプラザさがみはらで記念式を行った。

同園は心理カウンセラーで心理支援士の中村理事長が不登校やひきこもりの子どもたちの「心のよりどころ」となる居場所を作りたいと、2007年に任意団体として設立。15年にNPO法人となり、フリースペース併用の学習支援や放課後等デイサービス、訪問スクール事業などを展開している。子どもだけでなく、保護者や家族にも寄り添い、さまざまな事例と向き合いながら共に歩む。生きづらさを抱える人たちの「自信を取り戻すきっかけ」と、「笑顔で過ごせる社会の実現」を目指し活動してきた。

式典では園の15年の足跡をスライドで振り返り、県教育局や市の教育担当者、同じ思いでフリースクールを運営する事業所の代表らが祝辞を述べ、中村理事長は時折、目頭を押さえながら感慨深げに頷いていた。最後のあいさつで中村理事長は「生きている限り頑張っていきたい。これからも温かいまなざしで見守ってください」と来場者に思いを語った。

No image

あいさつする中村理事長

タウンニュースさがみはら中央区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加