広島ドラ1・栗林、中日相手に完璧リリーフ 2戦連続の無安打無失点投球

広島ドラ1・栗林、中日相手に完璧リリーフ 2戦連続の無安打無失点投球

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/02/23
No image

広島のドラフト1位ルーキー・栗林良吏

● 中日 0 - 4 広島 ○
<アグレスタジアム北谷>

広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が23日、中日との練習試合に救援登板し1イニングを完璧に抑えた。

栗林は4点リードの8回に4番手として登板。先頭の高松をフォークで投ゴロに退けると、続く根尾にも追い込んでからのフォークを振らせ空振り三振。最後は岡林をカーブで二ゴロに退けた。3者とも球威のある真っ直ぐで追い込み、最後は変化球で料理。テンポ良く11球で3つのアウトを奪った。

対外試合デビュー戦となった17日の巨人戦(那覇)に続く1回無安打無失点リリーフ。改めて救援投手としての適性を示した。

昨季、広島の救援防御率は12球団ワーストの4.64。先発陣は手術明けのエース・大瀬良が一軍に合流し、ローテーションの軸として期待される九里、森下らも順調に調整を重ねている。ドラ1右腕は弱点であるブルペンに回り、白紙状態の勝ちパターンに組み込まれる可能性が高くなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加