CFD販売、PlayStation 5へのM.2 SSD増設にぴったりなヒートシンク - 1,200円

CFD販売、PlayStation 5へのM.2 SSD増設にぴったりなヒートシンク - 1,200円

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

シー・エフ・デー販売は、ゲーミング向けPCパーツブランド「CFD Gaming」の新製品として、M.2 SSD用のヒートシンク「HSN-TITAN」を発表した。10月中の発売を予定しており、価格は1,200円。

PS5がアップデートでM.2 SSD正式対応。TVスピーカーで3Dオーディオも

発熱の大きなM.2 SSDに貼り付けて使用し、冷却性能を高められるヒートシンク製品。厚みは11.25mmに収まるスリムサイズで、好みのM.2 SSDと組み合わせてゲーム機への増設などに向くという。対応するフォームファクタはM.2 2280で、サイズはW73.7×D22.9×H10.7mm。製品には貼り付け用のサーマルパッドも付属する。

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加