“駅伝王国 ”を証明 16回目の都大路で悲願の初優勝 女子・長野東高校「県民に笑顔を届けられた」

“駅伝王国 ”を証明 16回目の都大路で悲願の初優勝 女子・長野東高校「県民に笑顔を届けられた」

  • NBS長野放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

長野東高校のメンバーが知事表敬

12月、全国高校女子駅伝で初優勝した長野東高校のメンバーが阿部知事を表敬訪問し、「笑顔を届けることが出来て良かった」などと話しました。

県庁を訪れたのは、長野東高校駅伝チームの選手と監督ら8人です。

12月、京都で行われた全国高校女子駅伝。上位でレースを進めた長野東はアンカーでエースの村岡選手が見事、逆転。16回目の出場で悲願の初優勝を果たしました。

メダルを胸にした部員たちは…

赤羽真衣佳主将:

「長野県に金メダルを持ち帰れたこと、笑顔を届けられたことをうれしく思います」

阿部守一知事:

「応援している皆さんの心をゆさぶった素晴らしい成果だった。長野県の駅伝王国という力を皆さんが証明してくれた」

3年生6人のうち5人は、進学する大学でも競技を続ける予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加