“どこか変なコーデ”の理由は... 自然にやってしまっている「秋のNGコーデ」4つ

“どこか変なコーデ”の理由は... 自然にやってしまっている「秋のNGコーデ」4つ

  • anan Beauty+
  • 更新日:2022/09/23

秋は、ぬくもり溢れるニットやカーディガンが着たくなりますよね。しかし、デザインやカラーはバッチリでも、なぜかコーディネートに違和感を感じる…ということはありませんか? その原因は、ニットの素材感やボリューム感にあるのかも。カーディガンとニットを使った秋の「NGコーデ」と「OKコーデ」を解説します。

秋の主軸に! ニットとカーディガンの着こなしをチェック

No image

一気に秋らしさが加わるニットとカーディガン。ニットウェアを軸にした秋のワードローブを検討している人は多いかもしれませんね。だけど、手元にある夏物ボトムでコーディネートすると、なんとなくちぐはぐして見えることも。どのように合わせるのがベストなのでしょうか。

肉厚ニットのNGコーデは?

No image

肉厚ニットは、ボリューム感そのものがシーズンムードを高めてくれますよね。今すぐ着るには少し早いかもしれませんが、そろそろクローゼットを見直したい季節。万能そうに見える白ニットですが、合わせるべきでないアイテムをチェックしていきましょう。

ニットよりもペラペラなアウターはご法度

No image

まずは「ライトアウター」と呼ばれる羽織りものと合わせてみましょう。一見すると素敵に見えますが、実際に着てみるとモコモコで不釣り合いな印象に。

同様に、デニムジャケットやワークテイストのジャケット、ツルンとした薄手のベストを合わせても、どこか違和感が出てしまいます。ライトアウターの下にニットを着る場合は、リブニットなど薄手素材のものに厳選しましょう。

ボリューム負けするボトムに注意

No image

夏に活躍したサロペットも、厚手ニットに合わせると違和感たっぷりな着こなしに。特にツルっとした生地やサラサラとした夏向けの素材にニットを合わせるのは少し変でしょう。

こちらのサロペットを着るなら、半袖のリブニットを合わせるとちぐはぐした印象にならずにすみました。薄手のリブニットかコットン素材のインナーがベターでしょう。

テロテロ素材はOK! 華奢見え感がアップ

No image

薄手素材は厚手ニットにボリューム負けしてしまいますが、逆にシフォン系生地のブラウスやワンピースはマッチします。ふわっとした透け感のあるブラウスの袖などをボリュームニットからちょこんと出すと素敵ですね。ワンピースの場合は、ニットのボリュームで華奢見えするので、全身バランスがよくなります。

起毛感のあるボトムなら好相性

No image

秋冬素材のアイテムは、上下同じサイズ感なら問題ありません。起毛感のあるボトムはボリュームニットとベストマッチ。実際に着るのはもう少し秋が深まってからかもしれませんが、ふっくら厚みのあるボトムがお似合いです。

デニムなら秋はじめにもぴったり

No image

厚手ニット1枚で秋を先取りした着こなしを目指すなら、やっぱりデニムが万能! ファーやレオパード柄など、小物で季節感をアピールするのもおすすめです。

ハイゲージカーディガンのNGコーデは?

No image

次に、ハイゲージカーディガンを使ったコーディネートを解説します。こちらは1年前に購入したゆったりサイズのカーディガンですが、すべてのカットソーにマッチするわけではありませんでした。

オーバーサイズのインナーは要注意

No image

オーバーサイズのTシャツやカットソーは、着回しがききやすいアイテムとして持っている人が多いかもしれません。ただし、カーディガンに合わせるのは注意が必要でしょう。

オーバーサイズのカーディガンは、シルエットがきれいに見えることが大切です。そのため中にゆったりしたものを着ると、袖まわりがもたつき、カーディガンのよさが台無し…なんてことになりかねません。またハイネックのインナーも、こちらのカーディガンには似合いませんでした。

ノースリーブやコンパクトなTシャツをインナーに

No image

カーディガンのインナーには、コンパクトなTシャツやノースリーブがおすすめです。カーディガンをレイヤードするときは、ネックラインのバランスが命。ネックラインは、クルーネックなど開きすぎないデザインを選ぶと、カーディガンとのバランスが取りやすいですよ。着丈は、ウエストインする選択肢も考えるなら、長さは問わないでしょう。

ロンTもルーズすぎないものをチョイス

No image

ハイゲージカーディガンのインナーとしてロンTを着ると、袖がもたつくことがあるので、合わせる頻度は少なめ。コンパクトなデザインなら問題ないかもしれません。

「どこか変」なのは素材のボリューム感が原因かも

No image

いよいよ秋コーデも本番! カラーや着丈がバッチリなコーディネートでも、着てみると不自然に感じてしまうなら、“素材感”や“ボリューム感”に注目してみてください。

お出かけ前に、インナーがモコモコしてないか、もっさりして見えないかチェックすれば、バランスばっちりな秋コーデが作れるはずですよ。

文/桐生奈奈子

anan 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加