全棟にサウナを完備! 湖上アクティビティの聖地に誕生したキャビン・グランピング施設の魅力とは

全棟にサウナを完備! 湖上アクティビティの聖地に誕生したキャビン・グランピング施設の魅力とは

  • VAGUE
  • 更新日:2022/09/23

グループでの滞在にも適した大空間のキャビン

山梨県の山中湖エリアに、全10棟すべてにテントサウナを備えたグランピング施設「piilo-ピーロ-asobi&stay」がオープン。リゾートグランピングドットコムで予約受付がスタートしました。

No image

レイクアクティビティの聖地に誕生した全棟にテントサウナを完備するキャビン・グランピング施設「piilo-ピーロ-asobi&stay」

東京都心からクルマで90分ほどの場所にある、森と湖に囲まれたアウトドアリゾート施設について、広報の伴野さんは次のように話します。

【画像】山中湖エリアで初めて全客室にテントサウナを設けたグランピング施設を見る(15枚)

「新施設は、交通の便もよい山中湖のレイクサイドに誕生しました。山中湖は遊覧船やバナナボートといった夏季の湖上アクティビティはもちろんのこと、春は花々や新緑、秋は鮮やかな紅葉、冬は温泉やワカサギ釣りと、年間を通じて多彩な魅力を備えたエリアです。

宿泊棟は、グランピングキャビン10棟から構成されています。いずれも各棟が独立したタイプなので、プライベート性の高い空間を実現しています。室内には冷暖房や空気清浄機、Wi-Fiを完備しているため、1年を通じて快適にお過ごしいただけます」

山中湖エリアは、グループ旅行にも人気のエリアであることから、最大6名までの利用を想定。そのため各キャビンは、広々とした空間が確保されています。

また10棟のうち2棟は、愛犬といっしょに泊まれる「ドッグキャビン」となっており、愛犬がのびのびと過ごせるプライベートドッグランを備えるほかアメニティも充実。大切な愛犬と心ゆくまでグランピングを楽しめます。

●グランピングならではのテントサウナやBBQ体験

「piilo-ピーロ-asobi&stay」には、普段では味わえないアウトドアならではの体験が目白押しです。

「山中湖の数あるグランピング施設で初めて、すべての客室にプライベートテントサウナを設けました。セルフロウリュでじっくり汗をかいた後は、湖からのさわやかなそよ風にあたる外気浴は最高。周囲に気兼ねされることなく、滞在中、何度でも自由に“ととのう”体験を楽しめます」(伴野さん)

また、アウトドアの醍醐味であるBBQは、自由に食材を持ち込めるスタイル。囲炉裏テーブルを配置した専用の食事スペースで味わえます。安心してBBQの準備や調理ができるよう、キッチンスペースには冷蔵庫などの家電のほか、包丁や食器類、フライパンなどの調理備品も充実しています。

夕暮れからは、焚き火をしながらの焼きマシュマロやポップコーンなど、おやつづくりもおすすめです。

「piilo-ピーロ-asobi&stay」のある山中湖エリアは、レイクアクティビティの聖地であり、本施設を拠点にさまざまなアクティビティにチャレンジできます。

湖上では、遊覧船「白鳥の湖号」でのんびり優雅なクルージングを楽しめるほか、ウェイクボード、バナナボート、SUP(スタンドアップパドルボード)、カヌーなど、アクティブな体験も味わえます。また冬は、お座敷船でのワカサギ釣りが人気。シーズンをとおして“湖上アソビ”を満喫できます。

一方、湖畔では、きれいに整備された湖沿いの道でレンタサイクルやジョギングを楽しめます。夜には湖に映りこむほど輝く満天の星空を観賞するのもおすすめです。

また、山中湖の日帰り温浴施設で天然温泉に癒やされたり、花の都公園で四季の花や紅葉を愛でたりと、周辺をめぐる“旅アソビ”も楽しめます。

開放感抜群の山中湖を満喫した後は、居心地のいいキャビンでくつろぎサウナで憩う。「piilo-ピーロ-asobi&stay」はグランピングという枠にとらわれない、自由なプランニングができる大人の隠れ家といえそうです。

●施設概要
・施設名:piilo-ピーロ-asobi&stay
・宿泊棟数:10棟

■スタンダード・キャビン(3棟)
・宿泊料金/4名1棟利用時(消費税込・以下同):9900円~(1名/素泊まり)

■スイート・キャビン(5棟)
・宿泊料金/4名1棟利用時:9900円~(1名/素泊まり)

■ドッグラン・キャビン(2棟)
・宿泊料金/4名1棟利用時:1万2100円~(1名/素泊まり)

ナオ・サクライ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加