【台風15号発生】静岡県に24日最接近 3連休なのに...フェリーはキャンセル相次ぐ

【台風15号発生】静岡県に24日最接近 3連休なのに...フェリーはキャンセル相次ぐ

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

台風の影響で大気の状態は非常に不安定となっています。静岡県内は24日にかけ大雨となるところがあるとみられ、気象台は土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

日本の南にあった熱帯低気圧は午前9時に台風15号に変わり、時速20キロで発達しながら北上しています。

このあと進路を北東に変え、県内には24日最接近するとみられます。

台風の影響で23日の県内は暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっていて、予想される1時間降水量は多いところで50ミリとなっています。

雨のピークは23日夕方から24日にかけてとみられ、24日正午までの24時間雨量は多いところで200ミリと予想されています。

気象台は台風の進路や発達の程度によって警報級の大雨となる可能性があるとして、土砂災害や低い土地の浸水河川の増水に警戒するよう呼びかけています。

3連休初日、台風で交通機関への影響が心配されます。

下田港と伊豆諸島を結ぶフェリーは状況を見ながらの運行となっていますが、キャンセルが相次いでいるということです。

神新汽船下田営業所・大野茂樹所長

「一番いい時3連休で船が欠航したり条件付きということで、不確定な舟航になってしまうので、お客様が激減しております。きょうもキャンセルが相次いでいるので大変危惧しているところです」

続いて鉄道です。新幹線・東海道線は平常通り運行しています。

JR東海によりますと、県内では23日・24日ともに平常通りの運行予定で、今後状況をみながら対応を検討するということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加