3大コンビニの「カップ担々麺」を徹底比較! ボリューム、ヘルシー&おしゃれ、トレンド...どれを重視する!?

3大コンビニの「カップ担々麺」を徹底比較! ボリューム、ヘルシー&おしゃれ、トレンド...どれを重視する!?

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/10/17
No image

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでは、それぞれ「セブンプレミアム」、「ローソンセレクト」、「ファミリーマートコレクション」というプライベートブラント(PB)で、お菓子から日用品に至るまで多岐にわたるオリジナル商品を販売中です。

もちろんカップ麺も取り扱っています。大手スーパーで100円程度で売られているようなPB商品ほどは安くはないものの、日清食品や東洋水産など、カップ麺メーカーが出している高額品を上回るレベルの商品が多いのも事実です。

今回は、そんなコンビニPBカップ麺の中で「担々麺」に注目し、コンビニ3社のカップ担々麺を食べ比べていきます。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、それぞれのカップ麺のフタを開けてみました。三者三様の内容物で、同じ担々麺と言っても大きな違いがあることがわかります。ローソンやファミリーマートはスープ粉末が多いのに対して、セブンは別添袋の「液体スープ」にたくさん入っているようです。

まずは、セブンイレブンの「スープが決め手 担々麺」149円(税込)。製造はエースコックが担当しています。エースコックといえば、練りごまのコクを重視したカップ担々麺を多く発売してきたメーカーです。ローソンやファミマに比べて、カップがひとまわり大きく、重量もずっしりしています。

スープは練りごまの濃い味噌味ベースで、ソフトな食感の油揚げ麺を合わせ、具に挽肉、チンゲン菜、粒ごまがたっぷり入っています。麺や具のボリューム感はコンビニ三者の中でナンバーワンで、麺量は65g。ローソンの40g、ファミマの60gを凌駕しています。150円でこれだけ食べ応えがあれば、コスパはかなり高いと言えるでしょう。

そしてセブン担々麺の最大の魅力は、練りごまと粒ごま。液体スープにたっぷり入った練りごまのコクと、びっしり入った粒ごまの香ばしさによって、ごま押しのクラシックスタイルな担々麺の味に仕上げていました。辛さはピリ辛程度でちょっと物足りない感じもしますが、これぞオーソドックスな味。子どもの頃、夢中になったファミコンゲームはスーパーマリオ、ドラクエⅢ、ゼルダの伝説です! というくらい王道でした。

続いては、ローソンの「コク旨担々麺」150円(税込)。製造は日清食品が担当しています。日清の担々カップ麺商品は、練りごまのコクに加え、辛味やシビレなど総合力で勝負する傾向があります。定価税込は150円。セブンの149円、ファミマの142円に比べて最も高額です。とはいっても、価格に大きな違いはありませんね。

味噌味ベースに練りごまを効かせた担々麺スープで、辛味こそセブンよりちょっと強く感じますが、塩気の弱さや甘みの強さによってやさしい味わい。他の2つと異なり、高コストのノンフライ麺を使用しており、しかも全粒粉入りです。麺の甘みが際立ち、スープの甘みを増幅させています。

やさしい味わいのスープと、低カロリーのノンフライ麺を使用することで、他の2つに比べて低カロリー低塩分を実現しています。273kcalは他より100kcal近く低い上、食塩相当量も他より大幅に低いです。大きく健康志向に振った商品と言えるでしょう。

パッケージのデザインもシンプルで、どことなくおしゃれ感があります。わかりやすくターゲットを絞っていて好感が持てます。一方で、麺量40gは普通サイズのカップ麺としては少なめなので、これ1つではお腹を満たせない恐れがありそう。注意が必要です。ノンフライ麺にコストが割かれたためか、具のボリュームも他2つに比べると見劣りしています。“量より質”の感が強い一杯でした。

最後に紹介するのは、ファミリーマートの「濃厚旨辛担々麺」142円(税込)。ローソンと同じく、製造は日清食品です。カップはローソンと同じく小さいですが、3商品の中で最も安価(僅差ではありますが)。カップを持ってみると、同じ形状のローソンよりもずっしりしていました。

練りごまや粒ごまを効かせた味噌味ベースの担々麺スープで、別添の「特製調味油」の辛味やシビレが強め。ごまと刺激のバランスが高レベルで取れているのが大きな特徴で、練りごま重視のセブンや、あっさり系のローソンとの大きな違いとなっています。特に花椒のシビレを強めに感じられるのはファミマだけだったので、最も“今風”の担々麺と言えるかもしれません。

肉とチンゲン菜のボリュームはセブンと良い勝負ですが、どちらもカットが大きめで食べ応えがあります。特に肉は、カップヌードルでおなじみの謎肉風のダイスミンチと、担々麺らしい細かい挽肉の2種類入っていて、こだわりが感じられる部分でした。

「どの担々麺を食べたいか」でコンビニを選ぶのもアリ!

コンビニPBの担々カップ麺商品をまとめると、王道のセブン、ヘルシーなローソン、今風なファミマといったところでしょうか。TMネットワークか安田大サーカス並に三者のキャラクターがはっきりと分かれていて、それぞれに良さがありました。「どの担々麺を食べたいか」でコンビニを選んでみるのもオススメです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加