秋風に揺れる白やピンク 兵庫・神戸の寺でハギの花見頃に

秋風に揺れる白やピンク 兵庫・神戸の寺でハギの花見頃に

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2021/09/15

神戸市須磨区妙法寺の明光寺で、ハギの花が見頃を迎えている。秋の七草の一つで、白やピンクの小さな花が秋風に揺れている。

No image

しだれるように咲いたハギの花=神戸市須磨区妙法寺、明光寺

同寺には古くからヤマハギが生息しており、先々代の住職が各地からさまざまな種類のハギを集めたことから「萩の寺」と呼ばれ、親しまれるようになった。現在は100株ほどが植えられている。

「小さくてかわいらしい花が魅力。癒やされます」と笑顔を見せる岩田義正住職(59)。花は9月いっぱいは楽しめるという。(坂井萌香)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加