USBハブとキーボードが合体! PCやタブレット拡張にぴったりな「Kolude」を使ってみた

USBハブとキーボードが合体! PCやタブレット拡張にぴったりな「Kolude」を使ってみた

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2021/01/12

テレワーク環境は整いましたか?

年末年始のセールでいろいろ買い集めた方も多いかと思いますが、本日はノートPCやタブレットを拡張できるユニークなキーボード「Kolude」をご紹介します。

見た目はApple製品風のフルキーボードですが、HDMI映像出力をはじめ9つのポートを装備したハブ機能付きの製品となっています。

サンプルをお借りして使ってみたところ、使い勝手も良かったので感想などをお届けします!

タブレットとも相性良し

No image

Photo: Junya Masuda

「Kolude」は一言でいえば、ポート増設用のUSBハブとフルサイズキーボードが一緒になった製品。

ポート数が少ないけど周辺機器を使いたいデバイスには必須のUSBハブですが、「Kolude」があればキーボード機能も一緒に利用できます。

No image

Photo: Junya Masuda

合計9つのポートを搭載しており、USB Type-Aも4つあるのでこれまで使っていたアクセサリも使いやすそう。

No image

Photo: Junya Masuda

給電機能は100WのPDに対応。Macbook Pro 16インチなどのハイパワーマシンでも充電可能ですよ。

キーボードからマルチディスプレイ

No image

Photo: Junya Masuda

映像出力はHDMI端子から行えるので、モニターや液晶テレビなどへの接続も簡単でした。

なお「Kolude」とデバイスを繋ぐType-Cケーブルが映像出力に対応している必要がある点にはご注意ください。

シザースイッチ式で打ちやすい

No image

Photo: Junya Masuda

キースイッチは最近のMacBookシリーズ等でも採用されるシザースイッチ式とのこと。

No image

Photo: Junya Masuda

遅延も少なく、耐久性もある方式と言われており打鍵感やストローク量もほどよく、タイピングはしやすかったですね。

No image

Photo: Junya Masuda

キーボード配列はUS規格がベースになっていますが、キートップにはアルファベットに併記してかなも印字されています。

またExcelなど数値を扱う機会が多い人には嬉しいテンキー搭載しながら、方向キーなどの配置を工夫することでフルサイズキーボードより少しコンパクトになっています。

この辺りは好みが分かれますし、最初は戸惑うかもしれませんが結局慣れの問題なので使っていくうちに解消はされると思います。

USBハブとキーボードが合体し、デスク周りのデバイスを整理できる「Kolude」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点では超早割のリターンが16,550円(送料・税込)からオーダー可能でした。

自宅やオフィスの環境改善中の方は是非一度チェックしてみてください!

>>USBハブが搭載されたアルミニウム製キーボード

Photo: Junya Masuda

Source:machi-ya

Junya Masuda

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加