「様子を見る必要がある」長友のライバルSBが夏の移籍を視野に? マルセイユでの今後のキャリアに言及

「様子を見る必要がある」長友のライバルSBが夏の移籍を視野に? マルセイユでの今後のキャリアに言及

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/01/12
No image

負傷がちなアマビ(右)に代わって出番も増えている長友(左)。 (C)Getty Images

昨年9月からリーグ・アンのマルセイユに所属している長友佑都。契約は2021年夏までとなっている。

左SBを主戦場とする長友は、当初、ジョルダン・アマビのバックアッパーとしての獲得というのが大方の見解だった。しかし、当のアマビに負傷が続いており、長友はこれまでリーグ戦10試合に出場。ただ、現地メディアなどでは、そのパフォーマンスには厳しい評価がついている。

アマビ復帰を待ちわびているマルセイユだが、長友と同じ21年夏に契約が切れる。だが、「更新するかはまだ決まっていない」とコメントしたようだ。現地メディア『Sports.fr』が伝えている。
アマビは同メディアのコラムニストから「今後のマルセイユでのキャリアはどう過ごしたい?」という質問に対して、「いくつか希望がある」と含みを持たせたという。

「僕はマルセイユでとても良くやっていると思っている。ただ、明日は何ができるか分からない状態にあるのも事実だ。だから、今後のことは本当によく分からない。もしかしたら、僕は来年はここにいるかもしれないし、いない可能性だってある。状況をよく観察する必要があると思う」

同メディアによれば、アマビとの契約延長をクラブ側も希望しているようだが、新型コロナウイルスの影響で財政難となっており、今冬も”バーゲン価格”での補強しか望めない状況にあるという。アマビら主力が去る可能性も、ゼロとは言い切れない状況のようだ。

アマビの去就は長友にも影響を与える可能性がある。今後の動向に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加