本田圭佑がカタールW杯・コスタリカ戦の「願望スタメン」を投稿! 浅野拓磨や鎌田大地を置いた「3バックシステム」が話題呼ぶ

本田圭佑がカタールW杯・コスタリカ戦の「願望スタメン」を投稿! 浅野拓磨や鎌田大地を置いた「3バックシステム」が話題呼ぶ

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2022/11/26
No image

日本代表FW浅野拓磨 撮影:中地拓也

日本代表FW本田圭佑の選んだスターティングメンバーが反響を呼んでいる。

関連:「オーラが凄い」サッカー日本代表レジェンドの本田圭佑と内田篤人氏がドーハの地で「再会」! 豪華な2ショットに、ファンからは「胸熱すぎる」と歓喜のコメントが寄せられる

■CFに鎌田を置く3バックシステム

日本代表は11月23日に行われたカタールワールドカップ(W杯)のグループE第1戦でドイツと戦って、2-1で勝利。決勝トーナメント進出に向けて貴重な3ポイントをゲットした状態で、次はコスタリカと相まみえる。

そんな中、『ABEMA』にて「ABEMAFIFAワールドカップ 2022 プロジェクト」のゼネラルマネージャー(GM)を務める本田は、24日に自身のツイッターを更新。「vsコスタリカ願望スタメン」というテキストに続けて、第2戦で起用してほしい11人を綴った。

本田が選んだのは3-4-3のようなフォーメーション。GKにはドイツ戦MOMの権田修一、3バックには右から板倉滉吉田麻也冨安健洋を並べた。右WBには伊東純也、左WBには長友を配置。CHには遠藤航田中碧、そして前線には右から久保建英鎌田大地浅野拓磨を置いている。

このスタメンにはファンからさまざまなコメントが寄せられた。

「素直に面白いと思う」
「本田采配、期待しています」
「上田入れてほしい」
「また、三笘さん途中から入れます?」
「これは個人的にも見たい」
「鎌田の0トップは南アフリカの時の自分と重ねてる?」

なお24日に行われた練習では、冨安は右太ももの違和感を訴えて全体練習に参加せず。果たして本田の願望スタメンは実現するか。

■コスタリカはスペインに敗北

第2戦の相手であるコスタリカは23日、初戦でスペインと対決。定評のある堅牢な守備を見せたいところだったが、ラ・ロハ(スペイン代表の愛称)のボール循環に手を焼いてしまい、なかなか良い形でボールを奪うことができず。結局、0-7で大敗を喫している。

試合後、本田は「コスタリカが大敗したことが1番面倒くさい」とツイートしたが、森保ジャパンはコスタリカ戦でどのようなパフォーマンスを見せるのか。試合は日本時間の27日19時キックオフだ。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加