オミクロン株対応のワクチン 沖縄でも接種開始

オミクロン株対応のワクチン 沖縄でも接種開始

  • 沖縄RBCニュース
  • 更新日:2022/09/24

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチン接種が、23日から沖縄でも始まっています。

【写真を見る】オミクロン株対応のワクチン 沖縄でも接種開始

全国で接種が始まっているオミクロン株に対応したワクチン。
沖縄県内でも23日から接種が開始され、このうちうるま市には23日だけの臨時会場が設けられました。今回使用されるモデルナ製のワクチンは従来株に加えてオミクロン株の「BA・1」にも対応していて、これまでのワクチンよりも重症化や発症を予防する効果が期待されています。

(接種した人)「新しいのに対応しているって事がポイントだと思います」「今までのものより少しはいいかなと思いました」

ワクチンの接種対象は2回目の接種、または3回目の接種から5か月以上経過した18歳以上の接種券を持っている人です。
県は那覇クルーズターミナルと沖縄市の結婚式場、NBC沖縄に広域接種会場を設けていて、接種日程などの情報は県のホームページから確認できます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加