GM、バッテリー発火問題の「Chevrolet Bolt EV」--LGがリコール経費のうち19億ドル補填

GM、バッテリー発火問題の「Chevrolet Bolt EV」--LGがリコール経費のうち19億ドル補填

  • CNET Japan
  • 更新日:2021/10/14
No image

General Motors(GM)は、電気自動車(EV)のバッテリーが発火する問題で生じたリコール関連経費について、その大部分がバッテリー製造業者のLG Electronicsから支払われると発表した。2021年第3四半期に計上する経費は20億ドル(約2270億円)と見積もっており、その内19億ドル(約2156億円)がLG Electronicsから補填される。

リコール対象の自動車は、「Chevrolet Bolt EV」と「Chevrolet Bolt EUV」。

米CNETの報道によると、LG製バッテリーパックが出火元で、その自動車だけでなく周囲の車や建物も火災に巻き込む危険があるという。GMは所有者に対し、Chevrolet Bolt EVをほかの車や建物から離して屋外に駐車することや、夜間は充電したままのChevrolet Bolt EVから目を離さないことなどを求めているそうだ。

佐藤信彦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加