【GirlsAward】日向坂46が最新曲「僕なんか」含む3曲を披露 長時間待ったファンに感謝も

【GirlsAward】日向坂46が最新曲「僕なんか」含む3曲を披露 長時間待ったファンに感謝も

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/05/14
No image

ランウェイにも登場した「日向坂46」の金村美玖【写真:山口比佐夫】

ランウェイでも観客魅了

人気アイドルグループ「日向坂46」が14日、千葉・幕張メッセで行われたファッションイベント「Rakuten GirlsAward 2022 SPRING/SUMMER」に出演し、ライブパフォーマンスで客席を盛り上げた。

ライブは21年10月にリリースされた「ってか」でスタート。キュートでパワフルなパフォーマンスを披露すると、客席は大盛り上がり。イベントスタートから5時間が経ってようやくステージに立ったことを受け、佐々木久美は「ここまで長い時間だったのに、このテンションで迎え入れてくれてうれしい」と笑顔を見せた。

続いて、6月1日に発売される小坂菜緒がセンターを務める最新曲「僕なんか」を披露。美しいフォーメーションと力強いダンスで楽曲の世界観を表現した。2曲を披露したところで、佐々木久美の「一緒になって盛り上がっていきましょう! 誰よりも高く跳べー!」というかけ声で、「誰よりも高く跳べ!」がスタート。サビではメンバーがランウェイに駆け出し、ファンと一緒にジャンプをしながら、元気いっぱいに歌いあげた。

佐々木久美は「私たちもすごく楽しませていただきました」とにっこり。「日向坂46のイベントやコンサートにも足を運んで」と来場者に呼びかけていた。

ライブの前には加藤史帆、金村美玖、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高本彩花、濱岸ひよりがランウェイにも登場。アイドルとはまた違ったクールな表情や、アンニュイな表情でも観客を魅了していた。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加