【MLB】ダルビッシュ、黒田氏に並ぶ日本人2位タイの通算79勝なるか? 5回まで1失点の好投

【MLB】ダルビッシュ、黒田氏に並ぶ日本人2位タイの通算79勝なるか? 5回まで1失点の好投

  • フルカウント
  • 更新日:2021/07/21
No image

ブレーブス戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

2回に2死二塁からヘレディアに左前タイムリーを浴びるも味方打線が4回に同点に追いつく

■ブレーブス ー パドレス(日本時間21日・アトランタ)

パドレスのダルビッシュ有投手が20日(日本時間21日)、敵地でのブレーブス戦に登板。左股関節の張りから復帰登板となった1戦は、5回まで3安打1失点の好投を見せている。試合は1-1で見ごたえのある投手戦を繰り広げている。

前日の同戦は悪天候で中止となり、この日はスライド登板となったダルビッシュ。初回は先頭のピダーソンにシフトでがら空きとなった三塁を狙われるバント安打を浴びたが、スワンソンを空振り三振、フリーマンを二ゴロ、アルビーズを左飛に仕留め無失点。

2回は2死からアルモンテに右翼線二塁打を浴びると、続くヘレディアに左前タイムリーを許し先制点を許した。それでも3回を3者凡退に抑えると、味方打線が反撃。1点を追う4回に1死二、三塁からファムが左犠飛を放ち同点に追いつく。4回は3者凡退、5回は2死から投手のトゥーサンに四球を許したが後続を打ち取った。

ダルビッシュは前半戦最後の登板となった8日(同9日)の本拠地でのナショナルズ戦で左股関節周辺の筋肉の張りを訴え、3回で降板となった。11日には負傷者リスト(IL)入りし、4年ぶりに選出されたデンバーでの球宴を辞退していた。

この試合に勝てばメジャー通算79勝で黒田博樹氏と並び、日本人歴代2位の勝利数となる。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加