「ちむどんどん」良子が暢子の結婚のために動く 第86回あらすじ

「ちむどんどん」良子が暢子の結婚のために動く 第86回あらすじ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/08/06
No image

「ちむどんどん」第86回より - (C) NHK

黒島結菜がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説の第106作「ちむどんどん」。第18週「しあわせのアンダンスー」より、8日に放送される第86回のあらすじを紹介する。

暢子(黒島)が勤めるフォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のお陰で、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をフォンターナで行うと決意したが、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動き出すことになる。

「ちむどんどん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほかにて放送、土曜は1週間の振り返り)は、ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹の歩みを描く50年の物語。「マッサン」を手掛けた羽原大介の脚本によるオリジナル作品で、主題歌は三浦大知の「燦燦」(さんさん)。ジョン・カビラが語りを担当している。タイトルの「ちむどんどん」とは、沖縄の方言で胸が高鳴る様子を意味する。全25週、125回。(清水一)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加