プリンス、『戦慄の貴公子』のリリースから40周年を記念して“Do Me, Baby”のデモ音源が公開

プリンス、『戦慄の貴公子』のリリースから40周年を記念して“Do Me, Baby”のデモ音源が公開

  • NME Japan
  • 更新日:2021/10/15
No image

Photo: GETTY

プリンスは1981年10月14日にリリースされたアルバム『戦慄の貴公子』のリリースから40周年を記念してペイズリー・パークの保管庫から未発表の“Do Me, Baby”のデモ音源が公開されている。

“Do Me, Baby”がリリースされたのは1981年だが、最初にこの曲を録音したのは親友のアンドレ・シモンが参加したデモを制作した1978年となっている。翌年、プリンスは1979年4月にカリフォルニア州ノース・ハリウッドのアルファ・スタジオで行われたレコーディング・セッションで、この曲をソロ・レコーディングとして完全に再構築し、同じ時期にカリフォルニア州ハリウッドのハリウッド・サウンド・レコードでオーバーダブを加えている。

その2インチのマルチトラック・マスターテープからラフ・ミックスされたカセットテープは、本人の直筆ラベルが貼られた状態で、最近発見されるまで、プリンスの伝説的な保管庫でお蔵入りとなっていた。今回、公開されたのはこのバージョンとなる。

“Do Me, Baby”のデモ音源はこちらから。

https://lnk.to/DMBDemo

先日、プリンスの遺産管理団体の一部の人々は知的財産に関する権利を売却したことが明らかになっている。

『ミネアポリス・スター・トリビューン』紙によれば、プリンスの6人の兄妹で下の3人はニューヨークの音楽出版社でタレント事務所であるブライマリー・ウェーヴに自身の相続分を売却することで合意している。

ニルヴァーナやレイ・チャールズの楽曲の権利を所有しているプライマリー・ウェーヴは先月、プリンスの兄妹の末っ子であるオマー・ベイカーの権利を100%購入している。プライマリー・ウェーヴは以前にタイカ・ネルソンの権利の90%を、亡きアルフレッド・ジャクソンの権利を100%購入している。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、売却された知的財産権にはプリンスの名前、肖像権、音源からのロイヤリティ、音楽出版権、有名なペイズリー・パークの所有権が含まれている。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加