博多大吉、TOKIO松岡が「どうこうならないように」気合の番組開始も 「神回」本番中泥酔に後悔

博多大吉、TOKIO松岡が「どうこうならないように」気合の番組開始も 「神回」本番中泥酔に後悔

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/21

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉(49)が20日深夜放送のテレビ東京「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(土曜深夜0・50)に出演。2017年の番組スタート時の心境を明かした。

No image

お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉

ゲストのフリーアナウンサー馬場ももこ(29)に「最初キャスティングを聞いた時はどう思ったんですか」と質問された大吉。TOKIOの松岡昌宏(44)とMCを務めることになり「僕はほんとにプレッシャーで。ジャニーズ事務所の方が公の場で酒飲むってなかった。これはちゃんとやらないと、と。松岡さんが酔っぱらってどうこうならないように、頑張らなきゃいけないと思って」と気合十分だったことを明かした。

しかし、ファンの中では「神回」とされる、今年1月9日の放送回で番組中に泥酔。「始めて5年くらい?そしたら僕が…あんなつもりじゃなかったのに」と、松岡を心配するどころか自分が泥酔したことをひたすら後悔していた。

この日は「金沢の暴れ馬」と呼ばれた馬場も調子良く飲み続け、収録中に「トイレ行っていいですか?!」と一旦退席するなど自由気まま。大吉も途中からは馬場に「早く飲めよ!」と絡み出し、結局「酔ってきました」とお約束の流れになった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加