青柳に苦言「向かっていくところが」監督一問一答

青柳に苦言「向かっていくところが」監督一問一答

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

巨人対阪神 5回表阪神無死、サンズの空振り三振判定に抗議しベンチへ引き揚げる矢野監督(撮影・加藤哉)

<巨人7-6阪神>◇16日◇東京ドーム

阪神が巨人に敗れ、今季このカードの勝ち越しがなくなった。先発の青柳が5回途中5失点と打ち込まれ、2番手桑原も1回2失点と打線の勢いを止めることが出来なかった。矢野燿大監督の一問一答は以下の通り。

-終盤に粘り

矢野監督 うん、まあね…。

-試合を振り返って

矢野監督 青柳がまずリズムを作ってくれないと。もうこれだけ投げてる立場やし、チームを引っ張るというようなところを俺らとしても期待したい。点を取られてるからそう見えちゃうのかもしれないけど、気持ちの部分でも。向かっていくというか、うまくやろうとしてて、そっちが先行しちゃって、一番大事な打者に向かっていくというところが、あまり感じられなかったかな。

-左打者9人が並んだ

矢野監督 左バッターというのは、並べられるのはこっちが変えられることじゃないじゃん。バッターに向かっていくことは自分で作っていけることだから。(左打者9人とか)関係ないやん。

-下位打線にやられた

矢野監督 やられ方は一緒じゃん。四球を出してやられるとか、自分のミスとかさ。それはうまくやられたということにはならないと思う。

-初回は無死一塁からの強行策

矢野監督 試合の中で別にバントするときもあれば、バントしないことが強攻だというのはそっちの勝手な考えだと思うけど。それはオレが考えてやることだから。

-巨人田口の印象

矢野監督 のらりくらりだよね。いいという感じはそんなに見えなかった。

-8回攻撃はつなぐ姿勢があった

矢野監督 でもまあそれ以前の昨日、今日とやっぱり球際という部分はうちの課題かな。ジャイアンツとの差というところではオレはそういうところを感じている。

-小林が初登板

矢野監督 ゼロで帰ってくるのは大事なこと。今までオリックスで敵として見ていたけど、味方として見るのは初めて。ゼロで帰ってきたことに価値があるんじゃないかな。

-明日なんとか勝ちたい

矢野監督 それはもう、俺らは毎試合そう思っている。こうなって阪神ファンのみなさんには腹立たしい思いをさせていると思うんで。それは重々承知しているんでね。できること、目の前の試合を目いっぱいいくしかないんでね。ずっとそれしかないんで。やりきります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加