青汁に食物繊維はどのくらい含まれているの?食物繊維が含まれているおすすめの青汁をご紹介

青汁に食物繊維はどのくらい含まれているの?食物繊維が含まれているおすすめの青汁をご紹介

  • TravelBook(トラベルブック)
  • 更新日:2021/10/14

健康な毎日を送るために気をつけたいことは、やはり食生活。バランスを考えて食事をすることは、健康を維持するためにはには欠かせません。しかし、どうしても不足しがちになるのは野菜ではないでしょうか。サプリメントなどで補うこともひとつの方法ですが、おすすめなのが青汁。青汁にはさまざまな栄養素が含まれていますが、そのなかのひとつが食物繊維。整腸作用があることが知られており、積極的に摂りたい栄養素といえます。そこで今回は、青汁の主要な栄養素である食物繊維に注目して、食物繊維が含まれているおすすめの青汁を紹介。ぜひ参考にしてください。

ファミリーのライフスタイル記事を探す

青汁の原料は?

青汁の原料となるのは緑色野菜。いちばんポピュラーなのが大麦若葉です。大麦若葉は、大麦が穂をつける前の葉のことで、成長期にあたるため、豊富な栄養素を蓄えています。そのほかでは、ケール、明日葉、桑の葉もよく使われる素材です。そして、青汁は熱を加えないで作られるので、栄養素が損なわにくく、効果よく栄養を摂取できるのもメリット。

青汁にはどのくらい食物繊維が含まれている?

青汁には、ビタミン、ミネラルなど、いろいろな栄養素が含まれていますが、食物繊維もそのひとつ。冒頭で紹介した大麦若葉やケールは、食物繊維が豊富なので、青汁にも食物繊維が豊富に含まれています。ただ、メーカーによって、使用している原料の種類や量は異なっており、食物繊維の量も違います。購入する際に、パッケージの成分表などで確認するといいでしょう。

食物繊維は2種類ある

食物繊維には整腸作用があることは、よく知られていますが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があることは、ご存知でしょうか?それぞれを含んでいる素材に違いがあり、腸に働きかける作用も異なっています。青汁には、原料となる野菜に含まれている水溶性食物繊維が豊富ですが、バランスが大事。偏りがないように、水溶性・不溶性の両方を摂取するように心がけましょう。

青汁の選び方のポイントは?

青汁を選ぶ際に大事なポイントは、含まれている栄養素。原料によって栄養素は異なるため、自分が摂取したい栄養素が豊富に含まれているかをチェックするといいでしょう。また、飲みやすいかも大切。苦味や青臭さが苦手な人は、クセが少ない大麦若葉、苦味があまり強くない桑の葉を使ったものがおすすめ。そのほか、無添加なのかも選択基準のひとつです。

■井藤漢方製薬 メタプロ青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、最初に紹介するのは、「井藤漢方製薬 メタプロ青汁」です。

井藤漢方製薬 メタプロ青汁は、6種類の原料が入っている青汁。大麦若葉をはじめ、抹茶、桑の葉、明日葉、クロレラ、モロヘイヤが使われており、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が充実。なかでも食物繊維は、1袋で6.7gと豊富に含まれています。また、機能性表示食品なので、安心して飲み続けられるのもポイント。

井藤漢方製薬 メタプロ青汁の情報

■アサヒグループ食品 青汁と21種の野菜

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「アサヒグループ食品 青汁と21種の野菜」です。

アサヒグループ食品 青汁と21種の野菜は、フリーズドライ加工されている青汁。主原料は、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な大麦若葉で、契約農家で農薬・化学肥料を一切使わずに栽培したものを使用しています。収穫した後は、新鮮なうちに工場で加工。フリーズドライなので、栄養素が損なわれにくく、さっと溶けやすいのが特徴です。そのほか、21種類の野菜も配合。

アサヒグループ食品 青汁と21種の野菜の情報

■新日本製薬 青汁サラダプラス

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「新日本製薬 青汁サラダプラス」です。

新日本製薬 青汁サラダプラスは、20種類の国産素材を使用している青汁。大麦若葉、ケール、桑の葉などの青汁原料はもちろん、藍を配合しているのが特徴です。藍は、ポリフェノール、亜鉛などのほか、ケールと比較して、食物繊維は約2倍、鉄分は約3倍も含まれています。1日分のβカロテンや100億個の乳酸菌が摂取できるのもポイント。

新日本製薬 青汁サラダプラスの情報

■ファンケル 1日分のケール青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「ファンケル 1日分のケール青汁」です。

ファンケル 1日分のケール青汁は、1日分にあたる緑黄色野菜量を摂取できる青汁。ケールは、ビタミン類や食物繊維を豊富に含んでいるスーパーフードで、青汁の原料としてもよく使われている野菜です。こちらはそのケールを、1杯で生葉に換算して120g摂ることが可能。これは、1日に必要な緑黄色野菜量に相当しており、野菜不足が気になる人にはおすすめです。

ファンケル 1日分のケール青汁の情報

■JA全農 青汁習慣

No image

【 写真:楽天市場

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「JA全農 青汁習慣」です。

JA全農 青汁習慣は、低カロリーなのが特徴の青汁。1杯あたり約10kcalに抑えられているので、ダイエットなど、カロリーをセーブしている人にはうってつけ。また、乳酸菌も配合しているため、青汁自体に含まれている食物繊維とともに、腸内環境を整える作用も期待できます。原料の大麦若葉は産地限定品で、JA佐賀嬉野と熊本県産のものを使っています。

JA全農 青汁習慣の情報

■銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁」です。

銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁は、サイリウムを配合している青汁。サイリウムとは、体に異なる働きかけをそれぞれ行う、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方の特質をもっている、今話題の食物繊維です。そのため、ダイエットのサポートアイテムとしてもおすすめ。口コミには、「無味無臭で飲みやすい」との声が届いています。

銀座まるかん ゴッドハートダイエット青汁の情報

■山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%」です。

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%は、飲みやすさが評判を呼んでいる青汁。微粉末に加工しているのが特徴で、水や牛乳にも溶けやすく、喉越しの良さも良好です。食物繊維は、こちら1杯でレタス約3分の1個分と豊富に含んでいます。そして、ISO22000認証の国内自社工場で製造することにより、安全性もしっかりと確保しています。

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%の情報

■世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁」です。

世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁は、お米由来の乳酸菌を使用している青汁。植物性乳酸菌は、厳しい環境にも耐えうる力強い乳酸菌で、なによりお米は日本人にとってなじみやすく、相性も良好です。主原料は国産の大麦若葉で、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく配合。口コミには、「飲みやすさが決めて!苦味もなく、おいしい青汁です」などの声が寄せられています。

世田谷自然食品 乳酸菌が入った青汁の情報

■キューサイ ザ・ケール

No image

【 写真:楽天市場

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「キューサイ ザ・ケール」です。

キューサイ ザ・ケールは、国産ケール100%の青汁。ケールは、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なアブラナ科の植物。β-カロテンはトマトの約5倍、カルシウムは牛乳の約2倍含んでおり、スーパーフードとも呼ばれています。こちらは、そのケールを、農薬・化学肥料を使わずに栽培し、まるごと使用して作られています。2袋で、ケールの生葉換算で200gに相当する量を摂取可能。

キューサイ ザ・ケールの情報

■伊藤園 毎日1杯の青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「伊藤園 毎日1杯の青汁」です。

伊藤園 毎日1杯の青汁は、お茶飲料でおなじみの伊藤園が手掛けた青汁。こちらの製品にも緑茶粉末が含まれており、そのスッキリとして飲みやすい味は、伊藤園ならでは。原料に使用しているのは、大麦若葉、ケール、ほうれん草、ブロッコリーなど7種類の国内産野菜。また、食物繊維、ケフィア由来の乳酸菌、米麹由来の酵素なども配合されています。保存料、着色料などの添加物不使用なのも特徴。

伊藤園 毎日1杯の青汁の情報

■日本薬健 金の青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「日本薬健 金の青汁」です。

日本薬健 金の青汁は、安心・安全への配慮が行き届いている青汁。308項目もの残留農薬検査・放射能検査を定期的に行っているのがポイントで、安全への対策に万全を期しています。そして、香料、着色料、保存料などの添加物を使っていないのも、安全へのこだわりといえるでしょう。主原料は、食物繊維を豊富に含んでいる、九州産の大麦若葉を使用しています。

日本薬健 金の青汁の情報

■山本漢方 桑の葉若葉 粉末青汁100%

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「山本漢方 桑の葉若葉 粉末青汁100%」です。

山本漢方 桑の葉若葉 粉末青汁100%は、桑の葉のみで作られている青汁。桑の葉は、たんぱく質、食物繊維、カルシウムなどの栄養が豊富でありながら、大麦若葉やケールなどに比べて、苦味が少ないのが特徴。原料は、その桑の葉だけなので、青汁特有の苦味が気になる人、青汁を初めて試す人にはおすすめ。香料、着色料、保存料フリーなのもうれしいところ。

山本漢方 桑の葉若葉 粉末青汁100%の情報

■サントリー 極の青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「サントリー 極の青汁」です。

サントリー 極の青汁は、飲料メーカーならではの味に仕上げられている青汁。抹茶の風味をプラスして、飽きのこない味を作り出しているのが特徴で、毎日飲み続けることができます。そして、独自の特許製法を活かして、青汁特有のクセを抑え、溶けやすくなっているのもポイント。原料は、食物繊維が豊富な大麦若葉をはじめ、明日葉、煎茶、煎茶などで、厳選された国産の素材を使用しています。

サントリー 極の青汁の情報

■ヤクルト 青汁のめぐり

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「ヤクルト 青汁のめぐり」です。

ヤクルト 青汁のめぐりの特徴は、ガラクトオリゴ糖を配合しているところ。ガラクトオリゴ糖は、分解されずに腸まで届くオリゴ糖で、腸内細菌の栄養になるというメリットがあります。青汁の原料は、大分産の大麦若葉。 同じ大麦でも、若葉は成長期でもあり、 βーカロテン、食物繊維、鉄分などの栄養素を豊富に蓄えています。また、「生葉搾り製法」で、飲みやすい味に仕上げられているのもポイント。

ヤクルト 青汁のめぐりの情報

■やわた 昔ながらの本青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「やわた 昔ながらの本青汁」です。

やわた 昔ながらの本青汁は、青汁の原点に立ち戻って、主原料として大麦若葉のみを使用しています。大麦若葉は、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を豊富に含んでいますが、その素材本来の持ち味が十分に活かされています。また、農薬を使わずに育てられた国産のものを使っており、安全性への配慮も万全。そのほか、乳酸菌150億個、ビタミンC30mgも配合。

やわた 昔ながらの本青汁の情報

■ナチュレライフ ドクターベジフル青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「ナチュレライフ ドクターベジフル青汁」です。

ナチュレライフ ドクターベジフル青汁は、野菜のプロがプロデュースした青汁。野菜は100%国内産で、契約農家が栽培したものだけを使用しており、人工甘味料、合成着色剤、人工保存料なども無添加。安心・安全にもこだわって作られています。たとえば、主原料の大麦若葉は福岡産で、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がたっぷりと含まれています。

ナチュレライフ ドクターベジフル青汁の情報

■オンガネジャパン 九州産野菜青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「オンガネジャパン 九州産野菜青汁」です。

オンガネジャパン 九州産野菜青汁は、そのネーミングからもわかる通り、すべて九州産の原料で作られています。大麦若葉に加え、ケール、ゴーヤを配合しているのが特徴で、素材がもっている特徴を活かしながら、自然な味わいを実現しています。また、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく配合しているのも見逃せないポイント。

オンガネジャパン 九州産野菜青汁の情報

■日本薬健 活性炭×青汁

No image

【 写真:amazon.co.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「日本薬健 活性炭×青汁」です。

日本薬健 活性炭×青汁は、活性炭を使用している青汁。コンセプトは、「カラダの中からキレイを目指す」で、活性炭のほかにも、大麦若葉をはじめ、3種の乳酸菌、モリンガ、鉄クロロフィリンなどを配合。なかでもモリンガは、ミラクルツリーと呼ばれており、食物繊維などの栄養素が豊富です。レモンミント味で、さっぱりとした味わいに仕上げているのも特徴です。

日本薬健 活性炭×青汁の情報

■山田養蜂場 はちみつ青汁

No image

【 写真:楽天市場

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「山田養蜂場 はちみつ青汁」です。

山田養蜂場 はちみつ青汁は、国産完熟はちみつを含んでいる青汁。優しい甘みが特徴で、青汁の青臭さや苦味を抑える役目も果たしています。中心となる原料は、食物繊維が豊富な大麦若葉、ケール、よもぎの3種類。すべて国産なので、安心して飲むことができます。そして、ローヤルゼリー、有胞子性乳酸菌、はちみつ乳酸菌も配合しているので、より一層健康づくりに役立ちます。

山田養蜂場 はちみつ青汁の情報

■えがお 青汁満菜

No image

【 写真:https://www.241241.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、次に紹介するのは、「えがお 青汁満菜」です。

えがお 青汁満菜は、大麦若葉を主原料にして作られている青汁。大麦若葉は、化学合成農薬、化学肥料を使用してないものだけを厳選。安全性への配慮も行き届いています。そのほか、ケール、長命草などの健康素材9種類、ほうれん草、明日葉などの栄養豊富な緑野菜6種類、フラクトオリゴ糖などの自然素材3種類の合計18種類にも及ぶグリーン素材を配合。食物繊維を含んでいる素材も豊富です。

えがお 青汁満菜の情報
補足情報:参考価格:3,240円

■アサヒ緑健 緑効青汁

No image

【 写真:https://003003.jp

食物繊維が含まれているおすすめの青汁、最後に紹介するのは、「アサヒ緑健 緑効青汁」です。

アサヒ緑健 緑効青汁の特徴は、独自の特許を取得していることです。それが「ゴールデンバランス」で、原料となる大麦若葉が本来備えている良さを体に取り込みやすくするための工夫が施されています。その大麦若葉も、有機JAS認証のものだけを使用しているので安心感があります。そのほか、ダブル乳酸菌、トリプル食物繊維、ダブルオリゴ糖が配合されているのもポイント。

アサヒ緑健 緑効青汁の情報
補足情報:参考価格:3,700円

まとめ

ここまで食物繊維が含まれているおすすめの青汁を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。毎日の食事で1日に必要な量の野菜を摂るのは、想像以上に難しいもの。その点、こちらで紹介した青汁は食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富。野菜不足気味の人には、まさにうってつけといえます。この記事を参考にして、自分に合う青汁をぜひ見つけてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加