プーチン氏「ワクチン必要な国に提供用意」 G20サミットでワクチン外交アピール

プーチン氏「ワクチン必要な国に提供用意」 G20サミットでワクチン外交アピール

  • TBS NEWS
  • 更新日:2020/11/22

G20サミットでロシアのプーチン大統領は、新型コロナウイルスのワクチンについて「必要とする国に提供する用意がある」として、ワクチン外交を進める考えを示しました。

プーチン大統領は21日、オンライン形式で開かれたG20サミットで、「予防接種のためのワクチンが世界の共有財産であるべきことは疑いようがない」と指摘。そのうえで、「ロシアはワクチンを必要とする国に提供する用意がある」と述べました。

世界で初めて承認した「スプートニクV」など2つのワクチンに加え、間もなく3つ目のワクチンを承認する方針だとしていて、ワクチン外交を推し進めていく考えを示しました。

また、新型コロナにより何百万人もの人が失業し、貧困の拡大を生み出していると述べ、「世界恐慌以来、 世界が経験したことがない経済危機だ」と訴えています。(22日02:49)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加