事故に遭っても前を向き続ける。仮面女子・猪狩ともかが語る「折れない心」とそれを支えた言葉

事故に遭っても前を向き続ける。仮面女子・猪狩ともかが語る「折れない心」とそれを支えた言葉

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2020/11/22

今年7月に、初の著書『100%の前向き思考 生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』(東洋経済新報社)を著した、アイドルグループ・仮面女子に所属する猪狩ともかさん。

No image

2014年5月に幼い頃から憧れていたアイドル界へ飛び込んだ彼女は、2018年4月に強風で倒れてきた看板の下敷きになり脊髄を損傷。以降、車いすの生活を余儀なくされるも、ステージを中心にアイドルとして活躍を続けてきた。

今年2月にはグループからの卒業を発表したが、今、ひとりのアイドルとして何を思うのか。著書に込めたメッセージや過去、そして、未来に向けた思いを聞いた。

あらためて実感した家族に対する感謝

――7月末に著書が刊行されて以降、周囲からの反響はいかがでしたか?

猪狩ともかさん(以下、猪狩):色々な方面から反響はいただいていて、何かのきっかけで知ってくださった方からの声もたくさん届いています。SNSでも「購入しました」と報告してくださる方や、感想を伝えてくださる方がいて。番組で共演した方やそのファンの方も手にとってくださっているのを聞いたりもしているので、うれしいです。

――著書の前半では半生やその時々の思いを詳細に伝えていましたが、1冊の本にまとめる作業を通して、自分を見つめ直せた部分はありますか?

猪狩:一番は、家族に対する自分の態度です。以前は、少しでも思うようにいかないことがあると家族に当たってしまうことが多かったのですが、本の内容を読み返したり文章を書いたりしていると、本当に家族の支えが大きかったんだと気が付いたし、もっときちんと感謝を伝えなければいけないと思うようになりました。

No image

――この本の中で個人的なお気に入りの部分は?

猪狩:一番気に入っているのは、前半の第I部「地下アイドル、ケガ、そして復帰へ――猪狩ともか物語」の中で紹介した父からの言葉です。

仮面女子の候補生だった時代に「躁うつ病」を患い、休養していた当時に言われた「骨折している脚で走り続けたら、脚は治らないでしょ? この先もアイドル活動を続けたいなら、必要な期間なんだよ」(p.47)という一言は、人生でトップ10に入るほど印象に残っています。

精神的に追い詰められている状況に限らず、本当は前へ進みたいのに立ち止まらないといけなくてもどかしい時期というのは誰にもあるはずで、誰の心にもきっと響くんだろうと納得しました。今となってはより深く染みる言葉だなと思います。

No image

――一方で、周囲から反響の大きかった言葉は何ですか?

猪狩:「55の言葉」のうち、「『できないこと』『できなくなったこと』ではなく、『できること』にフォーカスする」(p.178)という言葉は、色々な方から感想をいただきました。

事故による脊髄損傷を受けて排泄障がいを背負ったことに対する言葉ではあったのですが、「たしかにできないことよりも、できることに目を向けるのが大切」という感想もありました。

>>次のページへ
車いすアイドル…に違和感?

「車いすアイドル」という言葉に対する違和感

――著書でも半生を振り返っていますが、改めて、なぜアイドルを目指したのでしょうか?

猪狩:幼い頃からモーニング娘。さんに憧れていて、オーディションも受けたことがあるんですよ。でも、受からなかったからあきらめてしまい、しばらく「アイドルになりたい」という気持ちにフタをしていたんです。

その後は、22歳になった年に管理栄養士の専門学校で資格を取得して「学校の栄養士さんになりたい」と思ってはいたものの、採用試験にも落ちてしまって…。どこへ就職しようと考えたときに、ふと「ずっと憧れていたアイドルになるなら、今しかないんじゃないか」と思い、気持ちを切り替えました。だから、就職活動がスムーズに進んでいたら、今のような活動はしていなかったですね。

No image

――ステージの経験を重ねていた中で、2018年4月に強風で倒れてきた看板の下敷きになるという事故に見舞われました。当時、どのような心境でしたか?

猪狩:この先どうなるんだろうという不安でいっぱいでした。治るのか治らないのか分からない時期もあったし、精神的にも不安定で。でも、振り返るとここまでの時間は早かった気もするし、それだけ日々が充実しているのかなと感じています。

――懸命なリハビリも経て復帰した今、ときには「車いすアイドル」と紹介されながら活動をしていますが、正直、その言葉に対してはどのような感想を持っていますか?

猪狩:あんまり好きではないですね。何も知らない人からみたら「車いすのアイドル」というのは、分かりやすいと思うんですよ。でも、私としてはそれを売りにしているわけではないし、仮面女子が「ヘドバンアイドル」と呼ばれるのとは意味が異なるというか…。

車いすに乗っているからこそできていることもある一方で、自分からそれをアピールしたいわけではなく、ひとりの地下アイドルとしてたまたま事故に遭って車いすの生活になっただけなので、違和感をおぼえる瞬間もあります。

No image

――入院中やリハビリを重ねる中での葛藤も著書では描かれていましたが、あきらめようと思った瞬間はあったのでしょうか?

猪狩:なかったです。私が事実を知る前から「車いす生活になってもやれることはたくさんあるよ」と周囲からは前向きな言葉をもらっていたし、事務所の方からも「戻ってきてほしい」と言われていたので。

メンバーやファンの方々からは入院中に千羽鶴もいただきました。何よりも、自分を必要としてくれている人がいるのは気持ちの上で大きかったし、私がいない劇場でもメンバーカラーである黄色いサイリウムや横断幕で「回復祈願」をしてくれたのもSNSで見ていたので、一日でも早く帰らなければと思っていました。

アイドルとファンはたがいに必要不可欠な存在

――ステージへの復帰後、自分なりに意識が変化した部分はありますか?

猪狩:事故の影響で下半身が使えないので、上半身だけでいかに他のメンバーと一体感を出すかについてはだいぶ試行錯誤しました。体力面でも今までと同じように動いていると疲れやすくなってしまったので、調節しなければいけないところもありますね。

あと、ステージへ出るにも、階段などのバリアが多いんですよ。どうしても誰かの手を借りなければいけない場面もあるので、出番の前に余裕を持って行動するようになりました。時間に対する意識はだいぶ変わりましたね。電車へ乗るにしても駅員さんにスロープを出してもらうために早めに出発したり、車でもパッと乗り降りすることはできないので、時間を逆算するようになりました。

No image

――今年2月にはグループからの卒業を発表しました。その理由は何でしたか?

猪狩:アイドルはどうしても、卒業を考えなければならない時期が来ると思うんですよ。そこで、私にとってのタイミングはいつなんだろうと考えたのが、ひとつの理由でした。

私としてはコロナ禍で延期になってしまったパラリンピックと、9月に予定していたZepp Hanedaでの自分たちの単独公演でひと区切りを付けようと思っていました。

――延期されたZepp Haneda公演は12月を予定。その先で日程が未定ではあるものの卒業式も控えていますが、正直、グループを離れる実感はありますか?

猪狩:あんまりないんですよ。たぶん、ファンのみなさんの方が感じているんじゃないかな。「卒業までに何回会えるんだろう」という声も届いているけど、残りわずかな時間の中で、少しでも多く思い出を一緒に作っていければいいなと思います。

No image

――活動をスタートしてから今年で7年目。アイドルという仕事をやっていて、よかったなと思えた部分は何ですか?

猪狩:たくさんありますけど、私たちとファンのみなさんの相互性がよさでもあり、楽しさかなと思います。自分が応援してもらっている立場なのに、ファンの方は私たちから元気をもらっていると言ってくれて、一方通行ではなく必要不可欠な存在になっているのが喜びだと感じています。

アイドルをやっていなかったら知らなかったはずの感情だし、ライブなどを通しても実感しています。

――最後に、グループからの卒業後は何をしていきたいですか?

猪狩:その先でどうなるのか、まだ分からないんですよね。“元・アイドル”になるわけだから「車いすタレント」と呼ばれるのかなとも思うんですけど、以前、NHKで障がい者レポーターと呼ばれていた方が「障がい者っていらないよね」という思いからその言葉を外してもらったというコラムを読んだことがあって、それと同じことを感じています。

車いすに乗っているのは見れば分かることだし、まだ数が少ないからそう言われてしまうだけであって、当たり前になればそう言われることはなくなるはず。だからこそ、マルチに活躍していきたいし、ご縁が繋がれば演技や音楽の道にも進みたいですね。バラエティも好きなので機会があれば何でも挑戦してみたいです。

取材・文・写真=カネコシュウヘイ

【こちらも読みたい】▶2021年の「出会い運」を27タイプ別に診断! 当たると話題の水晶玉子インタビュー

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加