賃貸物件選び、通勤時間の許容範囲は「30分以内」1位 – 1時間以内なら我慢できる!?

賃貸物件選び、通勤時間の許容範囲は「30分以内」1位 – 1時間以内なら我慢できる!?

  • OTONA LIFE
  • 更新日:2023/09/19
No image

大学進学、就職、転職、結婚……人生のさまざまな場面で、住まいも変わっていくものだが、新しい物件を探す際、何を重視するかは人それぞれ。そこで不動産投資スクエアが都内に住む男女546人を対象にアンケートを実施。多様な価値観を持つ若い世代の賃貸物件選びについて調査した。

自宅~駅~職場まで「40分程度」がベスト

No image

若者にとって、駅徒歩10分程度が“ちょうど良い”距離のようだ(「不動産投資スクエア」調べ)

やはり、いちばん気になるのは立地。「最寄り駅までの徒歩での許容時間」について尋ねたところ、最も多かったのが「10分以内」で、2位は「8分以内」、3位は「5分以内」となった。「3分以内」との回答は5.9%と意外に少ない印象。駅近で通勤・通学に便利なことは大切だが、駅に近すぎると、電車の音や人通りの多さなどで騒がしいなど、かえって暮らしにくいというイメージがあるのかもしれない。

No image

「コンビニ・スーパーの近さ」(28.6%)、「治安の良さ」(23.2%)などが気になるようだ(「不動産投資スクエア」調べ)

実際、「立地で優先する項目」としては「コンビニ・スーパーの近さ」(28.6%)、「治安の良さ」(23.2%)についで、「周辺の静けさ」(9.5%)との回答が多く寄せられた。

No image

「30分以内」との回答が38.3%で1位(「不動産投資スクエア」調べ)

また、「自宅から職場までの通勤時間の許容範囲」は「30分以内」との回答が38.3%で1位に。2位と3位はほぼ同率で、「1時間以内」21.1%、「45分以内」20.9%となった。30分程度であれば、スマホを見ていればあっという間だし、1時間程度までなら我慢できるといった感じか。コロナ以降、在宅ワークが普及して、ラッシュ時の混雑がやや減ったことも影響しているかもしれない。

王道エリアに人気集中! バス・トイレ別が物件選びの重要ポイントに

No image

「渋谷・恵比寿・代官山エリア」がトップ(「不動産投資スクエア」調べ)

「都内で住み替える場合(間取りの広さは同じ)、住みたいエリア」については、「渋谷・恵比寿・代官山エリア」がトップ。都内屈指のおしゃれなエリアで飲食店も多く、2位の「銀座・新橋・有楽町エリア」の倍以上の支持を集めた。3位には「四ツ谷・市ヶ谷・飯田橋エリア」が入った。

No image

性別で違いはあるものの、1位は共通のエリアだった(「不動産投資スクエア」調べ)

なお、男女別で見た場合、1位はともに「渋谷・恵比寿・代官山エリア」だったものの、2位以下は男女間で差が見られた。男性の2位は「銀座・新橋・有楽町エリア」、3位は「浜松町・田町・品川エリア」と、比較的オフィスの多い街が人気の様子。

一方、女性は2位「四ツ谷・市ヶ谷・飯田橋エリア」、3位「目黒・白金・五反田エリア」と、おしゃれで趣の街並みが魅力のエリアが上位に入った。男性は通勤の便も含めて仕事メイン、女性はよりプライベートを重視する傾向がうかがえるだろう。

No image

「バス・トイレ別」(33.4%)を最も重視しているようだ(「不動産投資スクエア」調べ)

また、内装・間取についての優先事項として最も重視していたのは、「バス・トイレ別」(33.4%)という結果に。2位「部屋の広さ」(19.4%)や、3位「好みの間取り」(13.1%)よりも、とにかくバス・トイレ別を必須条件と考える人が多いようだ。

5位には「追い炊き風呂」(4.9%)がランクイン。忙しい暮らしの中、せめて家ではゆったりと広いお風呂につかって、リフレッシュする時間がほしいということなのだろう。

出典元:【株式会社クレアスライフ/PR TIMES

※サムネイル画像(Image:KenSoftTH / Shutterstock.com)

By OTONA LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加