(株)いかす ブルーベリー狩り開始 栽培3年目で〈平塚市〉

(株)いかす ブルーベリー狩り開始 栽培3年目で〈平塚市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

市内の耕作放棄地を利用してオーガニック農園を運営する株式会社いかす(白土卓志代表)で7月27日、ブルーベリー狩りが実施された。

いかすでは3年前からブルーベリーの栽培をスタート。全500本、25品種のブルーベリーが植わっており、旬の品種を摘み取れる。

来場者への解説は、いかすの研修生として定年退職後にブルーベリー栽培を始めた倉持博行さん(67)が担当。倉持さんは「去年から少しずつ実がなり始め、今年初めて観光農園としてお客さんを迎えられた。甘さと酸味の違いを楽しんでほしい」と話していた。

都内や近隣地域からの来場者は「味の違いがわかっておもしろい」と摘み取りを楽しんでいた。

No image

解説する倉持さん(奥)

タウンニュース平塚版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加