歴代ジブリヒロインが大集合! 「アーヤと魔女」マッシュアップ特別映像

歴代ジブリヒロインが大集合! 「アーヤと魔女」マッシュアップ特別映像

  • 映画.com
  • 更新日:2021/04/09
No image

「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「となりのトトロ」などの映像を使用 (C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli

スタジオジブリ初となる全編3DCG制作の長編アニメ「アーヤと魔女」のマッシュアップ特別映像(https://youtu.be/rfBt1kchSQI)が、このほどお披露目された。“新ヒロイン誕生!ジブリがいっぱい特別映像”と題されており、歴代ジブリヒロインと新ヒロイン・アーヤの映像が織り交ぜられている。

物語のベースとなったのは、宮崎駿監督作「ハウルの動く城」の原作小説「魔法使いハウルと火の悪魔」でも知られる英国作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童小説。カンヌ国際映画祭の「オフィシャル・セレクション2020」に選出され、北米をはじめ、ヨーロッパ、中南米、オーストラリアなどでも劇場公開が決定し、日本では、2020年12月30日にNHK総合テレビにて放送。当初より映像・音響を映画基準で制作されており、今回の劇場公開版には、一部新たなカットが追加されている。

ストーリーは、自分が魔女の娘とは知らずに育った孤児の少女アーヤが、奇妙な家に引き取られ、意地悪な魔女ベラ・ヤーガの助手としてこき使われることになるというもの。主役のアーヤをオーディションで抜てきされた女優の平澤宏々路が演じ、寺島しのぶ豊川悦司濱田岳らが声優として参加している。

映像は、「魔女の宅急便」のヒロイン・キキがほうきで街の上空を飛んでいる光景からスタート。「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「となりのトトロ」「コクリコ坂から」「千と千尋の神隠し」「崖の上のポニョ」「ハウルの動く城」「風の谷のナウシカ」といった、誰もが一度は目にしたことのある9つの名作から、ヒロインたちの冒険と成長、そして感動のワンシーンを繋ぎ合わせている。

だが、映像の途中で雰囲気が一変。雷の轟音とともに映し出されたジブリの新ヒロイン・アーヤは、これまでのヒロインのイメージとはひと味違うようだ。目を見開いたり、鼻をつまんだり、大口をあけて笑ったりと、表情豊かなアーヤは、周りの人間を賢く操るしたたかな少女。どんなに嫌なことがあっても、怒られても、けしてへこたれない、今の時代に現れるべくして現れた“新ヒロイン”となっている。

なお、本日4月9日に日本テレビ「金曜ロードショー」で放送される「ゲド戦記」内にて、マッシュアップ特別映像のアザーバーションも披露される。

アーヤと魔女」は、4月29日から全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加