競泳・国際リーグ決勝、準決と同じブダペストで11月開催決定

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/17

競泳の賞金大会、国際リーグ(ISL)の決勝が予選、準決勝と同じ会場のハンガリー・ブダペストで11月21、22日に開催されることが決まった。

12月の東京開催を目指して調整を進めてきたが、コロナ収束が見通せない中、移動による感染リスク増や入国時の負担などがネックとなり断念。11月14~16日に行われる準決勝の1週間後に決勝を組み込む日程に収まった。10チームが参加し8チームが準決勝、4チームが決勝に進出。北島康介氏がGMを務める「東京フロッグキングス」の初戦は10月24、25日で、萩野公介(ブリヂストン)、大橋悠依(イトマン東進)らがメンバーに選出されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加