マツダCX-3改良...2Lガソリン車を廃止? 大胆なインテリアカラーを設定

マツダCX-3改良...2Lガソリン車を廃止? 大胆なインテリアカラーを設定

  • ドライバーWeb
  • 更新日:2021/10/14
No image

マツダは10月14日、コンパクトSUV「CX-3」の一部改良を発表。特別仕様車を加えて、同日より予約受付を開始した。発売は11月下旬を予定。

今回設定された特別仕様車「Super Edgy(スーパー エッジー)は、ピラーから上部にブラック塗装を施した2トーン仕様。サイドウインドーから上部のキャビンを一体に見せることで、流麗なスタイルを際立たたせた。インテリアにおいても、大胆な配色が用いられている。

【画像】インテリアにカッパー(赤銅)の差し色…最新CX-3を写真で見る

装備内容も変更。前後のホイールアーチ部分をカバーするクラッディングと、フロント&リヤバンパー下部をグロスブラック塗装とする「ブラック グロッシー パッケージ」をセットオプションとして追加。

そのほか、ワイヤレス充電(Qi)、Apple CarPlayワイヤレス接続をオプション設定として追加している。

さらに、フロントの窓ガラスにたまった雪を取り除きやすくするワイパーデアイサーを4WDに標準設定。センターディスプレイも7インチから8インチへと拡大されたのもトピックだ。ボディカラーには「プラチナクォーツメタリック」も追加されている。

ラインアップも整理された。ディーゼルモデルは、「XD スーパー エッジー」、「XD ツーリング」、「XD」の3つのグレードに。ガソリンモデルには、「15S スーパー エッジー」を追加している。

■特別仕様車「スーパー エッジー」の価格

・XD スーパー エッジー…FF:297万円 4WD:321万2000円

・15S スーパー エッジー…FF:249万1500円 4WD:273万3500円

なお、今回の改良で2Lガソリン車が姿を消した。直近の販売実績(エンジン別販売割合…1.5Lガソリン:83%、1.8Lディーゼル:11%、2Lガソリン:6%)により判断したとのことだ。

さらにXD系の装備を見直し。それに伴い、XDが約20万円、XD ツーリングは約4万円安くなっている。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加