元阪神オ・スンファンや元ソフトバンクのイ・デホも!来季韓国プロ野球は“不惑”の82年組が最年長に

元阪神オ・スンファンや元ソフトバンクのイ・デホも!来季韓国プロ野球は“不惑”の82年組が最年長に

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2021/11/25

相次ぐ引退発表で韓国プロ野球KBOリーグの“最年長者”が変わった。

11月24日、KTウィズのユ・ハンジュン(40)が引退を発表し、18年間の選手生活にピリオドを打った。

ほかにも、ロッテ・ジャイアンツのソン・スンジュン(41)、LGツインズのイ・ソンウ(40)など各球団の最年長者が今季限りで現役を退いた。

2021シーズンの最年長選手だった1980年生まれのソン・スンジュンが去ったことで、2022シーズンの最年長選手は1982年生まれの選手が引き受けることになった。

【関連】日本プロ野球界で重用される韓国人指導者たち、“人気急落”の韓国プロ野球界と明暗クッキリ

韓国の数え年で来年41歳となる不惑の82年組は、まだ実力が健在だ。

元メジャーリーガーのチュ・シンス(39)はすでに年俸27億ウォン(日本円=約2億7000万円)で2022シーズンの再契約を終えた。

2021シーズン前に2年契約を結んだ元オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスのイ・デホ(39)も、来季をロッテ・ジャイアンツとともにする。

そして、今季最年長セーブ王(44セーブ)に輝いた元阪神タイガースのオ・スンファン(39)も、来季こそサムスン・ライオンズの優勝を果たすべく燃えている。

No image

左からチュ・シンス、オ・スンファン、イ・デホ

これまでは30代を超えれば“ベテラン”のレッテルが貼られたが、近年は40代に突入しても全盛期に劣らない活躍を見せる選手が多い。

野球はサッカーやバスケットボールと比べて体力消耗の少ないスポーツなだけに、コンディションをしっかり管理できればより長く現役でプレーできる。不惑の壁がそれほど高くないという意味だ。

実際、韓国プロ野球では40代を超えても活躍した選手が多い。

元ハンファ・イーグルスのソン・ジヌ(55)は2009年9月23日、43歳7カ月7日でマウンドに立ち、史上最年長登板記録を打ち立てた。ただ、2000年にサムスンでプレーしたフリオ・フランコが、後になって1961年生まれではなく1958年生まれであることを認めたため、非公式ではあるが最年長打者に選ばれている。

オ・スンファンやイ・デホなど82年組が現在と変わらぬ活躍を続けられれば、数年後には最年長記録も塗り替えられるはずだ。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加