「最重点区」青森県 初日から大物弁士 立民・泉健太代表、自民・小泉進次郎氏を投入

「最重点区」青森県 初日から大物弁士 立民・泉健太代表、自民・小泉進次郎氏を投入

  • Web東奥|東奥日報社
  • 更新日:2022/06/23
No image

【写真右】田名部候補(中)の第一声には泉代表(右)が駆け付けた=22日午前、青森市【同左】演説前に齊藤候補(左)と言葉を交わす小泉氏=22日午後、鯵ケ沢町

22日に舌戦がスタートした参院選青森県選挙区。立憲民主、自民の両党が「最重点区」に位置付け、初日から大物弁士が入った。立民は泉健太代表の第一声の地に青森市を選び、自民も知名度が高い小泉進次郎前環境相が西郡に駆け付けた。両党は23日以降も党三役クラスの弁士を断続的に投入予定で、力の入れようがうかがえる。有権者は「政策を身近に感じた」などと語り、演説に聴き入っていた。

「(現職の)田名部匡代の議席は農家を、青森を、地方を守るための議席。与党にもの申す田名部さんを先頭とした、緊張感のある国会をつくらなければならない」。泉代表は青森市のアウガ前で力を込めた。3、4月に続く来県。取材に対し泉氏は「田名部さんの議席を失うことは、わが国の農政や食料政策の損失になる」と語った。

立民は公示前から、大西健介選対委員長や馬淵澄夫国対委員長が青森県を訪れている。23日は蓮舫氏がむつ市、26日は西村智奈美幹事長が青森市に入る。

対する自民の小泉氏。鯵ケ沢町「海の駅わんど」では、新人の齊藤直飛人候補を横にして「今回の選挙は厳しいんじゃないか(と思っている人もいる)。そういう評判を覆すことも選挙のやりがい。一緒に奇跡の勝利を勝ち取ろう」と呼びかけた。エネルギー自給率向上の必要性も訴えた。

23日以降も河野太郎広報本部長、福田達夫総務会長、林芳正外相、麻生太郎副総裁のほか、茂木敏充幹事長が4月以降3度目の青森県入りを予定する。

相次ぐ大物の来県に、立民県連の田名部定男選対本部長は「選挙が盛り上がり、投票率が上がってほしい」と期待感を示す。自民県連の津島淳1区選対本部長は「党本部が『齊藤猛追』と読んでいる証拠。陣営内にも勢いが出る」と効果を説明した。

泉氏の演説を聞いた青森市の田口幸子さん(83)は「私たちの生活に直結したことを訴えていた。(衆参の本県選挙区に)1人しかいない野党議席だという訴えが伝わってきた」と関心を深めていた。

小泉氏の演説を聴きに来た鯵ケ沢町のパート女性(53)は「テレビで見るより直接聞いた方が説得力がある」と好感触。参院選に対しては「誰が出馬するのか、この機会に知ることができた」とも語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加