欧州、月探査の商業パートナーシップ拡大で合意

欧州、月探査の商業パートナーシップ拡大で合意

  • UchuBiz
  • 更新日:2022/11/25

欧州宇宙機関(ESA)は現地時間11月16日、月探査における商業的パートナーシップを拡大し、より持続可能な宇宙開発をすすめることで合意した。

今回の合意は、ドイツのブレーメンで実施された宇宙関連イベントのSpace Tech Expoにて、「Understanding the Evolution towards Commercial Partnerships in the Development of Europe’s Lunar Economy」のパネルディスカッションとして発表されたものだ。

ESAの商業月探査支援サービス(CLMSS)は、将来の月探査に不可欠なインフラを提供し、欧州の能力を戦略的に位置づけるために計画されている。同宇宙機関の商業化・革新チームのリーダーであるBernhard Hufenbach(ベルンハルト・フーフェンバッハ)氏は、「顧客からの需要を喚起し、ビジネスケースを実現するためにサポートし、第三者からの資金提供を拡大できるように支援する」と語っている。

ESAは月探査を支援するために、Surrey Satellite Technology Ltd.が打ち上げる小型通信衛星「Lunar Pathfinder」の通信サービスを購入する予定だ。また ESAは、独自の大型貨物着陸機(ランダー)「Argonaut」にも取り組んでいる。

No image

(出典:SpaceNews/Andrew Jones)

塚本直樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加