中村逸郎教授 ロシアの部分動員令発令の影響「今度はロシア国内でプーチンを敵にする市民が出て来た」

中村逸郎教授 ロシアの部分動員令発令の影響「今度はロシア国内でプーチンを敵にする市民が出て来た」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

ロシア政治を専門とする筑波学院大・中村逸郎教授が23日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。ロシアのプーチン大統領が21日に、ウクライナでの軍事作戦の劣勢挽回を図る部分動員令を出したことを受け、侵攻や動員令に抗議するデモがロシア各地で行われたことに言及した。

No image

東京・台場のフジテレビ社屋

予備役の招集は既に開始されている。プーチン氏は反戦機運の高まりを懸念して総動員は避け、30万人規模の予備役を対象とする部分動員令としたが、市民は「無益な戦争」(予備役の男性)に動員される恐怖を口にし、国外脱出の片道航空券が売り切れる事態も起きている。

中村氏は「これまでプーチン大統領は、ウクライナだとか欧米を相手にして戦争、軍事作戦を展開してきたんですけども、今度はロシア国内でプーチンを敵にする市民が出て来たということで、これもプーチン大統領にとっては誤算の一つになってきているなということです」と指摘した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加